BLACKPINK(ブルピン)のカムバックが少ない・遅い理由とは?

2020年7月6日BLACKPINKBLACKPINK,YG,カムバック,ブラックピンク,ブルピン

BLACKPINK(通称:ブルピン)は韓国の大手3大芸能事務所と言われるうちの1つ、YG ENTERTAINMENT(以下:YG)に所属している4人組ガールズグループ。

2016年8月8日にシングル「BOOMBAYAH」「WHISTLE」でデビューしてから現在まで4年以上の月日が経っていますが、ブルピンファンからは「カムバックが少ない、遅い」という嘆きの声が沢山聞こえてきます。

ファンとしては応援しているアイドルの活動スパンがあまりにも長くあいてしまうと「もうこのまま活動しなくなってしまうのでは?」と心配になったりもしますが、ブルピンのカムバックが少ない、遅い理由は一体なぜなのでしょうか?

BLACKPINK(ブルピン)はカムバックが少ない?

ネット上のQ&AサイトやSNSなどには「ブルピンのカムバックが少ない」「最近全然活動してないけど、次のカムバックは一体いつなの?」という声が山ほどあります。

KPOP界の「カムバック」とは?

韓国語で컴백コムベッ。アイドルやアーティストらが新しいアルバムなどをリリースし、音楽番組を中心とした出演活動が始める事。
日本のファンはカムバックを略して「カムバ」と呼ぶ人がほとんど。

新曲のリリースに伴って音楽番組でステージを披露したり、バラエティー番組に出たり、MVの撮影風景動画など、様々なコンテンツが公開されるカムバックはファンにとって生命の源と言っても過言ではないくらい非常に大切なものです。

このカムバックがあまりにも少ないと「このまま活動が止まってしまうのでは?」と心配になったりもしますよね。

ブルピンファンによるデモが起きた

「もっとアイドル達を活動させてあげてよ!」という思いが大きくなりすぎて、YG社屋前でブルピンのファン達がデモを起こしニュースになったことも。

BLACKPINKファンが事務所に提案した要求
出典:https://daebak.tokyo/

ファン達の要求はかなり具体的&細かい内容で、

  • 1年に2回はカムバックして欲しい!
  • 最低6曲以上の新曲が収録されたアルバムを発売して!
  • YouTube、Twitterもっと活用してよ!
  • テレビ番組やイベントにもっと出演してよ!
  • メンバーのソロプロジェクトちゃんとやってよ!
  • ネット上の悪質な書き込みにもっと積極的に対応してよ!
  • 金曜日の午後6時に音源公開してよ!
  • VLIVEとかインスタライブもっとやってよ!

などなど、全部で12項目にも及ぶ要求が。

しかも2020年5月に行われた今回のデモは実は2回目で、昨年の12月にも同じ内容でデモが行われていたというから驚き。日本とは全然違いますよね。

ブルピンのカムバック歴

カムバックが少ないと言われているブルピンは一体どのくらいアルバムリリースが少ないのでしょうか?今までの歴史を見てみましょう。

空白期間発売日アルバム名
2016年8月8日SQUARE ONE
1stシングルアルバム
※デジタル音源のみ
約3ヵ月2016年11月1日SQUARE TWO
2ndシングルアルバム
※デジタル音源のみ
約7か月2017年6月22日AS IF IT’S YOUR LAST
シングル
※デジタル音源のみ
約1年2018年6月15日SQUARE UP
1stミニアルバム
約10か月2019年4月5日KILL THIS LOVE
2ndミニアルバム
約1年2か月2020年6月26日「How You Like That」
1stプレリリースシングル
※9月発売予定アルバムの
先行公開曲
2020年7月or8月9月発売予定のアルバムから
2曲目の先行公開曲を
リリース予定。
2020年9月頃1stフルアルバムを発売予定
2020年9月以降メンバーのロゼ、リサ、ジス
ソロデビュー予定
※日本でのリリース・活動は除く
※リンク先で収録曲が確認できます

ブルピンの特徴的なところは、

  • デビュー2年目までに発表されたアルバムが、全てデジタル音源のみだった
  • 2020年7月現在まで正規アルバムが1枚も発売されていない

という2点ではないかと思います。

韓国で新曲が出る際の代表的な形態は、

  • シングルアルバム
    日本でいうシングルCD。
    収録曲は1曲、もしくは同曲のremixがある程度。
  • ミニアルバム
    8曲以下の少数収録アルバム。
  • フルアルバム
    ミニアルバム以上の曲が収録されているアルバム。
  • リパッケージアルバム
    フルアルバムに新しい曲を数曲足してリリースするもの。
  • デジタルシングル
    だいたい1曲。音盤はなし。

など日本とは違う形態で楽曲を発表しますが、ブルピンの場合はほとんどが1~2曲しか収録されていないシングルアルバム、もしくはremix除く新曲4曲程度が収録されたミニアルバムのみ。

そのためファンにとってカムバックが少ない、遅いことは勿論、楽曲自体が少ないことも不満の一つになっています。

初めてのミニアルバムが発売されるまでの約2年間は5曲しか持ち歌がありませんでしたし、デジタル配信のみでCDとしての発売もありませんでした。

なんかBLACKPINKというグループに対する扱いが軽いような気がするなーとファンがモヤモヤした気持ちになってしまうのも納得です。

BLACKPINK(ブルピン)のカムバックが遅い理由

BLACKPINKメンバー
出典:https://danmee.jp/knews/

BLACKPINK(ブルピン)が所属するYGという会社は他の所属アーティストも含めて元々カムバックが少ない、しかもよく予定より遅れるのがファンの間ではもはや当たり前となっています。

1年に1回だけのカムバックは普通だし、2年に1回しかカムバックしないというのも割とあり得る、それがYG。

カムバックが遅い代わりに曲はすごい

カムバックが遅いことによって曲が少ないことは前々から言われていましたが、その分1曲1曲のインパクトがすごいブルピン。

2020年6月26日にYouTubeチャンネルで公開されたブルピンの新曲「How You Like That」は前回から約1年2か月振りのカムバックとなりましたが、長い間ひたすら待った甲斐があったな、と思わせるようなすんごい曲です。

※ちなみに当初は2020年初めにカムバック予定と発表されていたのでだいぶ遅れてます(笑)

耳に残るサビのフレーズ、MVのスケールの大きさ、メンバーの驚異的なビジュアルまで全部が素敵!

最近、メンバーのリサが元マネージャーによる1億円の詐欺被害にあったとして問題になっていましたが、無事にカムバック出来て本当に良かったと思います。

関連記事BLACKPINKリサの詐欺マネージャーは誰?顔写真特定でファン激怒

同曲のMVは公開初日で8,630万再生され、

  • 公開24時間以内の動画で最多再生回数
  • 公開24時間内のMVで最多再生回数
  • 公開24時間内のK-POP MVで最多再生回数
  • YouTubeプレミア動画最多ユーザー数
  • YouTubeプレミアMV最多ユーザー数

などなど世界新記録をいくつも更新しました!MV公開から10日ほど経過した7月6日現在では2億再生を突破しています!

アーティストを安売りしないYG

YouTubeで公開しているすべてのMVが数億回再生という驚異的な記録を持つブルピンですが、彼女たちが世界的に注目されるのはYGの方針・戦略による部分も大きいような感じがします。

ファンからの「カムバックが少ない!遅い!」という声はYG社内にも勿論届いていますが、それでもカムバックの頻度を無理に上げない理由をヤン・ヒョンソク元代表はこんな風に話しています。

ヤン・ヒョンソク
出典:https://news.kstyle.com/

ヤン・ヒョンソク:「新曲を頻繁に発表することも確かに重要だが、いかにハイクオリティな楽曲と完成度の高いMVを発表するかがより重要。」

ヤン・ヒョンソクさんはカムバックのために曲を間に合わせるというより、いい曲が出来上がればカムバックするって感じなので、当初のカムバック予定がずれ込むことも日常茶飯事です。

  • 出し惜しみしてるというよりは「グループを安売りしたくない」という感じが伝わってきますね

カムバックが遅いからこその効果

BLACKPINKメンバー
出典:https://kt.wowkorea.jp/

さらに、カムバック頻度が少ないことによって新曲の注目度が上がる効果もあります。

それで曲がイマイチだったら何とも言えませんが、もし待ちに待った新曲が信じられないくらい良い曲だったら…?効果は抜群です。

短いスパンでどんどん活動すると確かに人目に触れる機会は増えますが、楽曲のクオリティがいまいちだったり、しつこい印象を与えてしまっては元も子もありません。

だったらいっそファンから「遅い!」と言われるのを承知でカムバックを遅らせて、いい曲を発表させてあげるほうが良いですよね。

それにアイドル達はカムバック期間以外にも色んな仕事をしているわけですから、あまり仕事を詰め込みすぎるとメンバーの体調面も心配です。

一応2020年9月には初のフルアルバム発売、メンバーのソロ活動が予定されているようですが、YGなのでまた数か月伸びるかもしれません。気長に待ちましょう。

以上をまとめると

  • ブルピンはカムバックが少なすぎてデモが2回起きている
  • デビューしてからしばらくはCDも発売してなかった
  • 楽曲が少ない、カムバ頻度が遅すぎてファンから不満の声が
  • カムバ頻度を増やすより質の良い楽曲提供が最優先のYG

カムバックの時期ってあまりに少ないと忘れられてしまうし、あまりに頻繁過ぎても「またこの子たち?」と飽きられてしまうので実は結構難しいところ。

BLACKPINK(ブルピン)が所属するYGは元々カムバックが遅いことで有名、予定が変更になるのもしょっちゅうある事務所です。

その理由はハイクオリティな楽曲と完成度の高いMVを作ることを最優先しているから。グループを安売りせず、最高の音楽を届けることで沢山のファンを獲得し続けるYGのこだわりが感じられました。