BTSコンセプトフォトでジョングクのタトゥー消えた!ジミンの『NEVERMIND』はやはり本物?

BTS

BTSのカムバックに向けて2月10日から順次公開されたコンセプトフォト。「白鳥」「ブラックスワン」など、今回のアルバムに大きく関係してくると思われるテーマを表現したBTSメンバー達の写真を元に、世界中で考察が行われ大きな話題となっています。

そんな中、ファンはコンセプトフォトに写ったジョングクとジミンのタトゥーにも気になる点があるようです。ファンが「え?」と思うような気になる点とは一体なんなのでしょうか?

BTSのコンセプトフォトにジョングクのタトゥーが無い!

まずはBTSの末っ子ジョングクから。2019年夏ごろ、タトゥーイストの女性との熱愛疑惑や手・腕・肩にかけて複数のタトゥーを入れているということでファンの間で話題になりました。

関連記事:BTSジョングク手と腕のタトゥーまとめ!デザインに込めた特別な意味とは?
関連記事:BTSジョングク彼女疑惑のタトゥーイストってどんな人?ナヨンや日本人あずさとの噂も!

最初こそヘナタトゥーなどの「直ぐに消えるタイプのタトゥー」なのではないか?と言われていましたが、日が経つにつれてどんどんタトゥーが増えていくことや手袋をしたりテープを貼って隠すこともあることから、どうやら本物のようですね。

ジョングクはタトゥーを消してしまった?

ところが先日公開されたジョングクのコンセプトフォトは、どれもタトゥーが消えてなくなっているではありませんか!右手部分だけを拡大してみてもやはりタトゥーは見えませんね。

これなんて、元からタトゥー入れてなかったんじゃないかと思うくらい、すごく綺麗にタトゥーが消されて無くなっていますよね。ジョングクのタトゥーが無くなっている件について考えられるのは以下の3つのパターン。

  • 撮影後に加工でタトゥーを消しただけで本当はある
  • タトゥーを入れる前(2019年夏より前)に既に撮影済みだった
  • タトゥー自体を綺麗さっぱり消したからもうない

タトゥー自体を消すというと、レーザーで皮膚を焼いたり、タトゥーが入っている部位の皮膚を切り取って縫い合わせるといった「激痛を伴い、しかも跡が残りやすい」というイメージを持つ方も多いかと思いますが、最新の技術を駆使すれば、軽いやけどや擦り傷程度の傷跡でタトゥーを消すことも可能なんだそう。

従来の施術方法とは異なり『タトゥーの色素をレーザーによって細かく砕いて散らす』という方法を使った「ピコレーザー」がその代表。この方法なら大きな傷跡もなくタトゥーを消すことが出来ますね。

また、あまりにも違和感のない綺麗なジョングクの手を見たファンからは「修正ではなくタトゥーを入れた時期よりも前に撮影された写真なのでは?」といった意見もあります。

別の画像にはタトゥーが写っている

しかしジョングクは普通に撮影した後、加工でタトゥーを消しただけのようです。

出典:https://www.facebook.com/bangtan.official/

こちらはBTSのオフィシャルFacebookにて公開されている画像ですが、この画像を見るとジョングクの手にはタトゥーがはっきりと写っています。

出典:出典:https://www.facebook.com/bangtan.official/

手の部分だけ拡大してみましょう。白黒写真なので細かいタトゥーの文字までは判別できませんが、ハートマークや親指の下に入っている数字のタトゥーは見えますよね。

また、こちらの画像でも手にARMYのロゴのタトゥーが入っているのが見えています。他の画像は綺麗にタトゥーを消しているのに、なぜ公式はこれらの画像だけタトゥーを消さずに公開しているのかは謎。

公開まで時間が足りなくて修正しきれなかったのか、それとも何か意図があってわざとタトゥーを見せているのか、もしくは採用されずボツになってしまったおまけ的なサブ的な位置付けの画像だから、手の込んだ修正はしてませーんってことかも。

ジョングクのタトゥーは目立つ場所にあるので今後も楽曲や衣装のコンセプトによって修正されてしまうことはあるだろうと思います。手の甲じゃなくて手首より上までにしかタトゥーが入ってないなら衣装で隠せるので、また話は違ったと思いますが。

ジミンのコンセプトフォトで『NEVERMIND』タトゥーが透けて見えている

続けてこちらも以前からタトゥーの噂がある、ジミンについて見てみましょう。ジミンは脇腹に『NEVERMIND』という文字のタトゥーを入れているという噂が結構前からありますよね。それに加えて背中にもタトゥーがあるのではないかと話題になったこともありましたね。

関連記事:BTSジミン背中にもタトゥーがあるって本当?握手会で手袋してた噂の真相とは?

ステージ上の演出の為に消えるタトゥーを入れただけという説や、いつ見ても同じ場所に同じ文字があるからこのタトゥーは本物、という説で長い事ファンの間で議論されているジミンのタトゥー。今回のコンセプトフォトにも以前と同じような文字が写っています。

コンセプトフォトを見る前に、ここで改めて2014年の花様年華時期と2019年のジミンの脇腹のタトゥーを見比べてみましょう。2014年の画像はマジックでそのまま書いたような丸っこいフォント、2019年の画像はザクザクと傷つけたような鋭い印象を受けるフォントです。

同じ『NEVERMIND』という文字でもフォントが違うだけでこちらに伝わってくるメッセージがまるで違いますね。2014年のものはただの演出目的で偽物のタトゥーをしていたようですが、ここ最近は2019年のほうと同じフォントのタトゥーが目撃されることが多く、いよいよ『本物説』が濃厚に?!

コンセプトフォトの中でジミンのタトゥーが見えていると噂になっているのはこちらの画像。肌の色が少し透けるような薄い生地の衣装なので、脇腹の『NEVERMIND』の文字の内NとEが透けて見えています。

今までにジミンがチラ見せた『NEVERMIND』タトゥー

ジミンが今までに見せた脇腹のタトゥーも見てみましょう。細かく見ると違う点もあるのかもしれませんが、だいたい同じような字体で同じような位置にあります。これらはタトゥーシールなのか、それとも本物なのかどっちなのでしょうか?

個人的にはジミンのタトゥーが本物でも偽物でも、きっと意味があって身体に入れているのだと思うので全然良いよ!って感じで思っています。

2019年4月に行われたBTSへのインタビューで「タトゥーを入れているメンバーはまだいない」とメンバーが答えたことに対して「ウソ(Lie)」をついているのではないか?という、ジミンのソロ曲に引っ掛けている説も好きなので、もしそうなんだとしたら事務所がすごいなと思っちゃいます。

それにしても、ジミンのタトゥーの位置って絶対痛いよね…。

まとめ

  • BTSのコンセプトフォトでジョングクとジミンのタトゥーが話題に
  • ジョングクのタトゥーは多分修正して消されているだけ
  • ジミンの脇腹の『NEVERMIND』タトゥーが透けて見えている
  • 本物だと思っているファンも多くいる

BTSが公開したコンセプトフォトには過去の写真と繋がるような意味深なデザインや神話などとの繋がりを思わせるものが多数存在し、ファンによる考察も盛んにおこなわれています。そうした中、ジョングクのタトゥーが写ってない、逆にジミンのタトゥーは見えてる、というタトゥーに関連することも話題になりました。

ジョングクのタトゥーは、ちゃんと写っている写真もあるので本当にタトゥーを消してしまったというわけではなさそうです。ジミンのタトゥーについては本人の口から語られていないので詳細は分かりませんが、登場回数の多さから「もうきっと本物のタトゥーを入れているだろう」と考えているファンも多くいるみたいです。

タイトルとURLをコピーしました