ファスティングダイエットで7kg痩せた私がモチベーションを維持するためにやったこと

暮らし

女性の永遠のテーマといえば「ダイエット」。新しいダイエット方法が生まれる度に色々なダイエットに挑戦している方も多いはず。

その中でも「ファスティングダイエット」は短い期間で体重を落とせると近年人気のダイエット方法ですが、その過酷さから最後までやり遂げることなく途中でやめてしまう人も大勢います。

挫折してしまう理由はたった一つ。「食欲を我慢できない」ということ。

食欲を我慢するためのモチベーションが下がってしまって続かないあなたの為に、4回のファスティングダイエットで7㎏減量することが出来た私が、過去の失敗談とモチベーションをアップさせる方法をご紹介します。

大切な事は、どれだけ空腹に耐えるかではなく、変化していく自分を沢山楽しむことです。これが出来るようになれば、辛かったファスティングダイエットが楽しくなるかもしれませんよ♪

ファスティングダイエットとは?

ファスティングダイエットとは、数時間~数日の間、 固形物を摂取しない代わりに酵素ドリンクや野菜ジュース、お味噌汁などを飲んで過ごすダイエット方法。

本来はダイエット目的としてではなく体内に蓄積された毒素を排出するデトックス目的で行うものです。

摂取カロリーを大幅に抑える事ができるので結果的にダイエットとしても有効ですが、人間の三大欲求の一つである「食欲」を我慢するダイエットなので最後までやりきるにはちょっとしたコツが必要だったりもします。

モチベーションを保つことが成功の秘訣!

痩せて美しくなるぞ!と意気込んでいざファスティングダイエットを開始してみたものの、辛すぎて続かなかった、食べ物の誘惑に勝てなかったなど、残念な結果に終わってしまうこともあります。

モチベーションを上手く保つことが出来れば最後まで乗り切れるようになります。

私がファスティングダイエットに失敗した3つ原因

私が過去にファスティングダイエットを行っていた中で「これを辞めればもっと結果が出せたのにな」「これは失敗だったな」と思ったことを3つ紹介します。

①極端なやり方をしていた

失敗の原因1つ目は「酵素ドリンクは高いから水を飲めばいいや!」「とりあえず食べなきゃいいんでしょ?」などと、極端なやり方をしてしまっていたこと。

ファスティングはただ単に食べるのをやめれば良い、というわけではありません。

私がやった間違いだらけのファスティング

【水とお茶だけを飲んでりゃ大丈夫でしょ♪】

酵素ドリンクやスムージーは用意せずに水とお茶だけで乗り切ろう!→カロリー不足でフラフラするわ、頭痛も酷いわ、空腹感も凄いわで、すぐに断念。

特にふらつきと空腹感がすごくて全く力が入らず、歩くのもやっとの状態。

空腹感に関しては「お腹空いたなぁ…」という優しいレベルではなく、「今すぐ何か食べないとヤバい!」という生命の危機を感じるレベル…!

改めて思い返すとなんて極端な事をしていたんだ…って感じですが、なんの知識も無かった頃は「とりあえず食べなければいいんだ」と思っちゃったんですね。

この無理な方法でファスティングを2日間続けた結果

カロリーを摂らなかったため当然痩せましたが、やめた途端に一瞬でリバウンドするという何とも悲しい結果に…。

この失敗を踏まえて、次のファスティングからは毎日5~6回に分けてきちんと酵素ドリンクを飲むようにしてみると、ふらつきや空腹感もだいぶ軽減されて楽にファスティングを乗り切ることが出来るようになりました。

②断食をすることが目的になってしまっていた

失敗の原因2つ目は、「断食をすること」が目的になってしまっていたこと。

私がファスティングダイエットの目標にしていたことは、

  • 痩せて綺麗になりたい
  • 身体の中からしっかり体質改善したい
  • 食べ方の習慣をリセットしたい

この3つです。

ファスティングダイエットの長所でもある短期間で結果が出やすいこととデトックス効果に加えて、30代になって太りやすく痩せにくくなってきた感じがあったので一度、食に対する習慣をリセットすることが目標でした。

ですがいざファスティングを始めると、いつの間にか「あと〇〇日断食をする!」という事ばかりを気にして、まるで辛い修行をしているかのような感じに…。

私がやった間違いだらけのファスティング

【あと○○日我慢…食欲を我慢するだけの辛いダイエット】

痩せて綺麗になるぞ!という最初の目標は、いつの間にか○○日間何も食べないぞ!に変わり、ダイエットしていても全く楽しくない状態に。

更に、体重が思うように減っていかないと余計にテンションが下がってしまい、もうやーめた!と食べ始めてしまい失敗。

「どうしてわざわざこんなに辛い我慢をしているんだ?」とちょっとでも思い始めたらもうダメで、結局その日のファスティングは失敗に終わってしまいました。

もう少し具体的な目標を掲げるなどの工夫が出来ていたら失敗せずに済んだかもしれません。

③勢いで始めてしまった

失敗の原因3つ目は、事前の準備をせずに勢いで始めてしまったということ。

ファスティングダイエットは【準備食期間】【本断食期間】【回復食期間】という3つの期間を設けることが大切だと言われています。

準備食期間

断食を始める前の数日間で、食事の量を減らしたり消化の良い物を食べる期間。本断食期間の空腹感と身体の不調(頭痛やふらつき)を軽くするために必ず設けた方が良い。

本断食期間

固形物を摂らないで過ごす期間。酵素ドリンクなどで必要な栄養を摂る。

③復食期間

徐々に普段の食生活戻していくための期間。最初は消化の良い物を少量ずつ食べ、そこから少しずつ慣らしていく。ここで暴飲暴食するとリバウンドの危険性大。

この3つの内どれか1つでも欠けてしまうと、身体の不調が強く出たり、せっかくの減量がリバウンドで無駄になってしまうことがあります。

ファスティングダイエットをしていると「キツイ時期」というのが必ずありますが、そのキツイ時期は本断食期間の2日目に来ることが多いです。何がキツイのか?というと、「食べたい衝動」と頭痛やふらつきといった「身体の不調」が強く出やすいのです。

このキツイ時期を軽減するために準備期間が重要になってきます。

私がやった間違いだらけのファスティング

【準備期間なんて要らない!速攻ファスティング!】

前日の夜ご飯はハンバーグを食べに行って、帰りにコンビニでアイスとお菓子を買ってお腹いっぱい幸せ気分♪

次の日の朝「よし!今日からファスティングだ!」といきなり断食を始める。空腹と体調不良がきつすぎてかなり辛く、結局途中で辞めてしまった。

前日まで普通に食事してて、いきなり次の日からファスティングを始めるのは本当におススメしません。

私も最近はちゃんと準備期間を2日ほど取るようにして、その期間は肉や炭水化物を食べずに野菜を中心としたローカロリーで消化の良いものを食べます。

前日の夜は酵素ドリンクだけを飲んでそのまま本断食に入っていくことも多いです。

このように数日前から食べる量を減らしたり消化に良い物を食べることで、本断食期間でより体重が落ちやすくなるだけでなく、日ごろの暴飲暴食からくる身体の不調を感じにくくなりますよ♪

モチベーション維持のために私が実践したこと

さあ、失敗の原因が分かったところで、今度は最後までやり遂げるための対策とモチベーションを維持する方法を考えていきましょう。

私自身、食べる事が大好きで量も沢山食べたい!!という困ったちゃんなので食事制限系のダイエットは超苦手なのですが、ファスティングを始めた当初は月経後の痩せやすい時期を狙って毎月5日間の本断食を行い、4ヵ月で合計7㎏痩せました。

そして現在も2か月に1回のペースでファスティングを継続しています。

食べる事大好きな私でも出来た、ファスティングダイエットを乗り切るためのモチベーション維持方法をご紹介したいと思います。

①細かく記録をつける

ファスティング期間中に日記のようなものをつけています。私はスマホのメモアプリにその日の体重、飲んだもの、思ったこと、やったこと、体調などを細かく記録していました。

ファスティング中に感じた事をスマホに記録

こんな感じで、空腹感が辛かった時は何をして乗りきったのか、体調が悪ければどんな症状が出てどんな対策をしたのかなどを書いておくと、次のファスティングの時に読み返して比較が出来るので便利です。

  • 前回は断食2日目に頭痛と空腹感が強く出た
  • 前回は断食3日目から体重が減りはじめた

といった内容があれば、

  • 今回は仕事が休みの日が2日目になるように調整しよう
  • 1~2日体重が減っていなくても焦らなくて大丈夫だ

というように対策を取ることも出来ますし「辛い~お腹空いた~」ばかり書いていた日記が、回を重ねるごとに「今日も身体が軽い!まだまだいけそう!」と前向きな言葉に変わっていくのも、なんだか不思議な気分です。

「本当に全部自分が書いたの?」と思っちゃうほどそれぞれ全く書く内容が違う時もあったりして面白いですよ。

②痩せ具合確認の目安に使う服を決める

痩せた・太ったの解りやすい基準の一つに、「いつも着ている服がきつくなったかどうか」というのがありますよね。 人からは特に変わったように見えなくても、普段着ている服がきつくなると自分では太ったんだなとすぐに分かります。

「あれ?ちょっと前よりウエストきつくなってるなぁ…」「あれ?こんなに太ももパツパツだったっけ?」みたいな感じで、いつの間にかきつくなっていた服を是非1着用意してみてください。

痩せたら穿こうと思っていたスカートでも良いし、ちょっときつくて履けないデニムなど何でも良いのですが、 これをファスティング中毎日決まった時間に着ます。

朝が1番体重も減っているので、私は朝体重を計った後にやっていました。 体重計に乗って目視で減量を確認して、服でも減量を体感できます。

ファスティングダイエットは短期間で数キロ減ることもよくあることなので、同じ服を毎日試着していると目に見えて緩くなってくることも多いです。

「今日は少しお尻の辺りに余裕があるな」 とか「今日はウエストがゆるゆるだ!」という順調に減量出来てる感じを確認出来るとモチベーションアップに繋がりますよ!

私は、MAX体重の時に穿いていたデニムを1本と、足の太さを隠し切れないスキニーデニムを1本用意して、前日と比べて穿き心地はどうかなー?と比べています。

MAX体重の時に穿いていた、忌まわしきデニム

特にMAX体重の時に穿いていたデニムは、ブカブカになってくるとそれだけ自分が頑張って痩せた証拠にもなるので、この方法は結構おすすめ。

③外に出る

「食べ物の誘惑を受けたくないからファスティング中は極力外に出ない」という方もいると思いますが、むしろ私はどんどん出たほうが良いと思います。

誰かと一緒に出かけるよりも、一人でも出来る事をやるのが私のおすすめです。ウィンドウショッピングをしたり、散歩をしたり、車を持っている方ならドライブをしたり。

ファスティング中だからといって家に籠るのではなく、色々な物を見たり、自然を感じたりしてみるといつもと違った発見があるかもしれません。

私がファスティングをやる時は酵素ドリンクを持って行ってロングドライブしたり、海を眺めてぼーっとしたり、ワンサイズ下のワンピースを着ている自分を妄想しながらウィンドウショッピングをしたりすることが多いですね。

日ごろのストレス発散にもなりますし、ゆっくりと自分の時間を満喫することで心に余裕も生まれます。

外に出るのが億劫な時は一人でゆっくりと本を読んだり、半身浴をするなどリラックス出来るようなことをするのもおすすめ。

こうやって積極的に色々な事をやりながら過ごすことで、我慢している部分だけにフォーカスすることなくダイエットそのものを楽しめるようになってきますよ。

なぜ一人で出かけることがおすすめなの?

これはもう単純な理由です。食べ物の誘惑を極力減らしたいし、食事を我慢してる人と一緒にご飯を食べるのは相手も楽しくないだろうと思うから。

ファスティングダイエットの失敗例として「食事に誘われて食べちゃった」という話もよく聞くので、お誘いが来たらやんわりとお断りしてました。

「そんな辛いダイエットなんてやめて食べちゃいなよ~」という悪魔の囁きを悪気なく吐き捨てられても勝てる自信がある人なら大丈夫かもしれませんが、横で美味しそうにご飯を食べてる人を見たらやっぱり自分も食べたくなるよね。

④我慢している自分にフォーカスしすぎない

「今日で〇日間何も食べずに過ごすことが出来た!」「あと〇日間何も食べずに過ごせば成功だ!」「美味しそうなものを見かけてもちゃんと我慢出来てえらいぞ自分!」

上記のような言葉は、何にフォーカスしている言葉でしょうか?一見とても前向きな言葉に聞こえますがこれらは全て「ご飯を我慢しているすごい自分」にフォーカスしています。

確かにご飯を何日も食べずに我慢するのはとても大変なことなので、それが出来ている自分はすごいのですよ、すごいんですけど、でもこれって…ダイエットしてて楽しいですか?

私としては食欲を我慢するほうに集中するよりも、断食中に感じるスッキリ感とか集中力が増して仕事もバリバリこなせちゃう感じとかを是非楽しんで欲しいと思います。

私がファスティングをするようになってどんな変化が起きたかというと、まず味覚が鋭くなって何を食べても以前より美味しく感じられるようになったことですね。特に断食が終わって初めて口にする納豆とお肉が最っ高に美味しいです。

それから、今まで一度も言われたことが無かったのに「お肌綺麗ですね!」と人に褒められるようになったこと。

10代~20代の時は肌荒れがすごくてすっぴんではとても外を歩けなかったのですが、30代になってファスティングをするようになった現在は、「お肌綺麗ですね!」と言われることが増えました。これもファスティングのおかげです。

毎日毎日「あと2日我慢…」「あと1日我慢…」と我慢するほうばかりに目を向けるのではなく、自分自身に起きている良い変化にも是非気付いてあげましょう。

自分なりのモチベーション維持方法を見つけよう

ファスティングダイエットにおけるモチベーション維持に必要なものは、事前の準備と本番を楽しむ気持ちです。特に大事なことは以下の4つです。

  • 急に始めるのではなく数日前から食事量を減らすなどの準備をする
  • 毎日細かく記録つけて日々の変化を楽しむ
  • あえて外に出て一人で出来る事をやるのがおすすめ
  • 自分の持っている服を毎日着て痩せ具合を確認
  • 空腹感よりも自分に起きている良い変化を楽しもう

食欲を我慢している自分にフォーカスするのではなく、順調に成果を出している自分にフォーカスすることがファスティングダイエットを継続するコツです。

どんなことをすればダイエット中でも楽しく過ごせるかを考えてみて、自分なりのモチベーション維持方法をどんどん見つけていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました