BTSジミンとテテの出会いが強烈!不仲説や喧嘩の原因は何?

2020年2月25日BTSBTS,ジミン,テテ,テヒョン,不仲,喧嘩

BTSメンバーはみんな仲が良いことでお馴染みですが、その中でも同じ歳のジミンとテテの2人は他のメンバーとはまた違った特別な友情があるようです。「時に親友、時に敵」とお互いを例えるジミンとテテの出会いはどんな感じだったのでしょうか?デビュー前から続く2人の友情の始まりを見てみましょう。

また、仲良しな姿がひと際目立つ2人なので、ちょっとしたことがきっかけで不仲説が出てしまう事もあるようです。喧嘩するほど仲が良いとは言いますが、2人って本当は不仲なのでしょうか?こちらも記事の後半で詳しく見ていきましょう。

BTSジミンとテテの強烈な出会い

韓国では1995年生まれの人達の事を「クオズ」と呼んだりします。韓国語で9を「ク」、5を「オ」と発音するので95’s=クオズです。

BTSの中の「クオズ」はジミンとテテの2人。同じ年に生まれた2人はチームのメンバーとして仲良しなのはもちろん、親友のようにお互いを支え合っていて、楽しい時期も辛い時期も共に過ごしてきた戦友のような関係でもあります。

そんな超仲良しなジミンとテテの出会いと、2人の仲良しエピソードについて詳しく見ていきましょう。

デビュー前からとても仲が良かった2人の初対面

BTSジミンとVのデビュー前の写真
出典:https://ameblo.jp/keitadj

ジミンとテテは練習生時代に初めて出会いましたが、その頃からとても仲が良く悩みごとを相談しあったりしていたそうです。同じ歳でタメ口で気楽に話せるメンバーなので、この頃から友達のような感じだったのですね。

テテが事務所に入ったのは2011年9月3日、一方ジミンは2012年5月15日でテテより8ヶ月程後に入所しています。

現在のBTSメンバーの7人の中で一番最後に合流することになったジミンは、先に練習生として入所している人達はどんな人なんだろう?とさぞ気になっていただろうと思います。

「これからいよいよ、練習生生活が始まるんだ」と期待を緊張を胸に宿舎のドアを開けた先に居たのは、なんと赤いパンツ一丁のテテ…。勝負パンツを履いて出迎えてくれたテテの姿を見てジミンは現実感が急に襲ってきたんだとか。

緊張をほぐしてあげようとしてわざとそうしたのか、もしくはお風呂に入った直後で丁度パンツ一丁だったのかは分かりませんが、これは強烈。

慣れない都会生活&初めての宿舎生活で緊張している時にいきなり赤いパンツ一丁の男の子が現れるなんてジミンもさぞかしビックリしたことでしょう。こんな強烈な出会い、なかなかありませんよね。

ジミンとテテの仲良しエピソード

2人の出会いについて分かったところで、続けて仲良しエピソードについても見ていきましょう。

何度も落とされそうになっていたジミン

BTSのデビューメンバーを決める際、ジミンは必死に努力していたにも関わらず、何度も何度も脱落しそうになっていたようです。

ミーティングの際に会社の人がテテに対して「チームにジミンがいたら、どうなると思う?」と質問してきたそうですが、これに対してテテは「ジミンは友達だし、今まで苦労を共にしてきた人だから、これからもずっと同じチームで頑張りたいです」と答えたんだとか。

ソウル出身者が1人もいないBTSのメンバー達はみんな、右も左も分からないまま地方から上京してきた子たちばかりです。

一緒に寝て、一緒に食事をして、一緒に学校に行って…というような宿舎生活をしていく中で「一緒に泣いて笑ってくれたのはいつもジミンだった。だから一緒にデビューしてずっと一緒にいたい」とテテは会社の人に伝えたんですね。

このことがジミンのデビュー決定のきっかけになったのだとしたら、テテの言葉が無かったらもしかしたらジミンは今BTSに居なかったかもしれないですね。

このエピソードは、VLIVEで見られる「ボンボヤージュ」というBTSの旅番組の中でテテからジミンに宛てて書いた手紙の中で紹介されていました。

喧嘩も多かったでしょうが、辛い時も楽しい時も感情を共有してくれるジミンに対してテテはとても感謝しているようです。

ジミンの前でしか見せないテテの素の顔

テテの誕生日に思い出の写真と共にお祝いのメッセージをツイートしたジミン。テレビで見せる表情とはまた違ったリラックスした表情のテテを見たファンは「テテってこういう表情するのジミンの前だけだよね」とクオズの友情を再確認し不仲説を吹っ飛ばしました。

特にテテはデビュー当時と比べて最近は随分と落ち着いているので、なんだか元気がないように見えることも。

突拍子もない行動やテンションの高さがテテを象徴するキャラだっただけに、現在のようにおとなしくなってしまったテテの姿に寂しさを感じるファンも少なくないようです。

しかしジミンと一緒にいる時のテテは、昔のようにふざけたりリラックスした自然体な感じで過ごすことが多いようですね。大人になる中で色々な事が変化しても、2人の「根っこの部分」は変わる事なく、現在も大切な親友であるようです。

ジミンとテテはソウルメイト

BTSジミンとVの後ろ姿
出典:https://ameblo.jp/ham0n1k1ss/

ファンの間ではよく「ジミンとテテはソウルメイトだ」と言われる事が多いのですが、ソウルメイトとは一体どんな意味なのでしょうか?

ソウルメイトとは

何度も輪廻転生する中で、「助け合ったり同じ目的をともに達成する約束をしたりしている人のこと」「過去世から関わってきた相手」のこと。

ちょっとスピリチュアル系の話になってしまうのですが、ソウルメイトとは「何度も生まれかわる中で過去世から関わってきた相手」のこと。

助け合ったり、同じ目的を達成する約束をしているので生まれ変わってもまた出会い、しかも前世で既に出会い共に過ごした経験があるので、初対面なのになんだか懐かしい感じがしたりすると言われています。

テテとジミンがお互いの事を気にかけている感じや、出会うべくして出会ったんだろうなと思えるようなエピソードなど、2人がソウルメイトだと言われる理由は沢山あるようです。

行動や仕草がいちいち似てる2人

行動パターンが似るというソウルメイトの特徴の一つを象徴するこちらの動画では、手を上げるタイミング、飲み物を飲むタイミング、ちょっとした仕草、行動などがいちいち似ているクオズの2人の姿を見ることが出来ます。

どちらかが無理やり似せているという訳じゃなくて、たまたま動きが揃っちゃった感じがなんとも可愛いですよね。こういう双子っぽさも2人がソウルメイトと言われる理由です。

ジミンとテテの不仲説

BTSジミンとV
出典:https://www.wattpad.com/

グループで活動しているとどうしても「あの人とあの人って本当は不仲なんじゃないか?」という噂が出る事があります。仲良しなことで知られているジミンとテテにも不仲説が囁かれたことがありました。

テテの名前を書き忘れるジミン

ジミンが書いたBTSメンバーの名前
出典:https://ameblo.jp/news-yama/

2018年6月8日にBTSの公式twitterに投稿されたこちらの画像は、ジミンがグループ名とメンバーの名前を壁に書いたものです。RM、JIN、SUGA、J-HOPE、JIMIN、JK…あれ、テテの名前(V)だけありませんね。どうやらジミンはテテの名前を書き忘れてしまったようです。

投稿後にテテの名前が無いことに気がついたジミンが「テヒョン(テテ)書くの忘れた…」とツイート。更に続けて「愛してるよ、テヒョン」「次はすごくでっかく書いてあげる!」とお詫びの(?)ツイートも投稿しました。

ジミンの失態をフォローしようと、画像に「V」が沢山隠れている事が分かるように加工した画像をファンが投稿するなど和やかな雰囲気でこの件は終わりました。

しかし一部では「メンバーの名前を書き忘れるなんて…」「しかもクオズなのに…」と、テテの名前が無い事を悲しむコメントもあり、ジミンがわざとテテの名前を書かなかったのではないか?本当は不仲なのではないか?という噂も出てきました。

デビュー当時から仲良しな姿が目立っていた2人だったため、「ここで相方の名前忘れちゃうんかい!」「喧嘩してるの?」と思われてしまったようですね。

他にもテテに対してのジミンの態度が冷たいなど不仲説が囁かれる原因になっていることがいくつかあるようですが、どれも根拠のない噂止まりのものばかりで決定的なものはないようです。

ジミンとテテは喧嘩が多い?

BTSメンバー
出典:https://ameblo.jp/ham0n1k1ss/

デビュー前から宿舎で共に生活していたこともあり、家族よりも一緒にいる事が多かったジミンとテテですが、仲良しですが喧嘩もやはり多いようです。

喧嘩といっても殴り合いに発展するような激しいものではなく(あったかもしれないけど)、歳が同じだからこそお互い言いたいことはハッキリと言える為、ちょこちょこと喧嘩に発展しやすかったんじゃないかなぁと思います。

ジミンとテテの「餃子事件」とは

2020年2月21日に発表されたBTSのアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」に収録されている「친구(チング)」という楽曲はジミンとテテのデュエット曲で、お互いの印象や想い、過去を振り返る場面などが歌詞になっています。

その歌詞の中で「餃子事件」というワードが出てきます。「餃子事件って何?」と気になっていた人も多くいたと思いますが、この事件の真相について質問したファンにテテが直接答えてくれました。

2016年のインタビューでも「最近餃子の事でジミンと喧嘩しました」と答えていたテテ。どうやら「餃子事件」というのはジミンとテテが「餃子は振り付け(ダンス)してから食べる派」か「しながら食べる派」かで意見が割れて喧嘩に発展した、ということらしいです。

誰がどっちの意見だったかまでは語られていませんでしたが、練習しながら食べる派だったのはきっとテテでしょう(笑)練習する前か、した後かの2択で喧嘩するならまだ分かりますが、「しながら食べる派」とは一体…?(笑)

他にも焼き餃子派のジミンと水餃子派のテテで意見が割れて、喧嘩になったことがあるんだとか。2人はこんな感じで本当に些細なことで喧嘩をする事が多いけど、すぐに仲直り出来るようです。

喧嘩するほど仲がいいというのは正にこのことですね。時が経って周りの環境が変わって自分達も変化していく中でも変わらない2人の絆って本当に素晴らしい。

まとめ

  • 赤いパンツ一丁で出迎えたテテとジミンの出会いが強烈
  • 2人はソウルメイトだと言われてファンに愛されている
  • 不仲説もあったが、現在でも2人はとても仲良し
  • 些細な喧嘩をしてもすぐに仲直り出来る

95年生まれ同士ということでBTSのメンバーの中でも特に仲が良い2人は、テテが赤いパンツ一丁の姿でジミンを出迎えるという強烈な出会いを経て、現在もとても仲良しです。

些細な事がきっかけで喧嘩することも多く、不仲説が出ていたこともありましたがそんな心配はないようです。お互いを大切に想いあう2人は、これからもソウルメイトとしてファンに愛されていくでしょう。