BTSジョングクはいつからダンスを始めた?アメリカ留学の理由や時期がすごい!

BTS

ダンスのクオリティがとても高いと言われているBTSを支えているのは、メンバーの中でも特にダンスが上手いと言われるJ-HOPE、ジミン、ジョングクの3人です。

J-HOPEは地元でも有名なダンス少年だった、ジミンは「釜山芸術高校」に首席で入学した、など華々しい経歴がありますが、末っ子のジョングクは最初からダンスが上手かったわけではないんだそう。

そのためデビュー前にダンスの特訓のためにアメリカへ留学していたこともあるそうですが、留学はいつからいつまで行っていたのか?ダンスは何歳の頃に始めたのか気になりますよね。

この記事ではジョングクのダンスにまつわる情報を詳しく紹介していきます。デビュー前とデビュー後のダンス比較を交えながら見ていきましょう!

BTSジョングクはダンスをいつから始めた?

メンバーのJ-HOPE、ジミンと共にBTSのハイクオリティなダンスを支えるジョングク。うさぎのような可愛らしい容姿とステージの上のギャップも大きな魅力の一つです。

関連記事BTSジョングクがうさぎに似てる可愛い理由!私服がダサいのは興味がないから?

今でこそ歌・ダンス・ラップなど何でも出来る黄金マンネとして知られていますが、最初の頃はジンに「歌ってみて」と言われただけで泣き出し、一曲歌うのに30分もかかるほどシャイな性格でした。

ジョングクがダンスを始めたのは中学生?

あれだけダンスが上手いということはデビューするずっと前からダンススクールに通っていたのでは?と思いますよね。ジョングクは一体いつからダンスを始めたのでしょうか?

本人が何歳、何年生からダンスを始めたと正確に言ったことはないそうですが、「小学生の時にBIGBANGのG-DRAGONを見て歌手になりたいと思った」と言ってたことがあるので、ダンスを始めたのは小学生の頃、もしくは中学生になってからではないかと思われます。

オーディションで7社からスカウトされる

ジョングクは2011年に放送されたオーディション番組「スーパースターK」シーズン3に出演しました。

カメラの前で歌うことに慣れておらず上手く歌えなかったため釜山で行われた2次予選で脱落してしまいましたが、なんと大手芸能事務所7社(JYP、CUBE、FNC、スターシップ、Woollim、TS、BigHit)からオファーを受けるという超人気ぶりを発揮!

当時スカウトした担当者はきっと、ジョングクの未来の姿が見えていたんですね。今のジョングクの姿を見れば「やっぱり何としても自分のところに入ってほしかった!」と思う事務所も沢山あるだろうなと思います。

ジョングクの成長ぶりがすごい!

今でこそ”ダンスが上手いメンバー”として知られているジョングクですが、最初からダンスが上手かったわけではないんだそう。真相を確かめるため、昔のダンスを動画で見てみましょう。

まずは15歳のジョングクのダンス。右側の黒いTシャツの男の子がジョングクです。この動画は後述するジョングクのダンス留学先で撮影されたもののようです。

素人の私から見れば充分上手いと感じるレベルですが、今のジョングクの踊りを知っているだけに、どことなくぎこちなさを感じるかもしれません。

続けて18歳のジョングクのダンス。左がジョングクで右がジミンです。滑らかなのに力強くて明らかに以前よりレベルアップしているのが分かるかと思います。

この動画のコメント欄では「当時まだ未成年だったとは思えない」「2人は違ったセクシーさがあるね」といった声があり、海外のファンにも大好評のようです。

ランキングBTSメンバー日本語上手いランキング!国別の顔人気順ベスト7が衝撃!?

海外のファンから見たBTSメンバーの人気順ベスト7と日本語が上手い順ランキングは、こちらの記事をチェック!国によって人気順に差があったり好きな日本語がちょっと変だったりして結構面白いですよ!

BTSジョングクがダンス留学の為アメリカへ

出典:https://ameblo.jp/keitadj

デビュー前に所属事務所のパンシヒョク代表から「何も感じない。ダンスに感情がこもっていない」と言われ、ロサンゼルスにある「MOVEMENT LIFESTYLE(ムーブメント ライフスタイル)」という有名なダンス学院に留学したことがあるジョングク。

正確な時期は2012年7月~8月の約1ヵ月間で、BTSのパフォーマンスディレクター「ソン・ソンドゥク氏」もジョングクに同行しています。

ソン・ソンドゥク氏ってこんな人

出典:https://kban.me/article

ジョングクのダンス留学に同行したソン・ソンドゥクさんはデビュー前からメンバーにダンスを教えていて、BTSの楽曲の振り付けの中心となっている人物でもあります。

BTSの所属事務所「BigHitエンターテインメント」を立ち上げる際にパンシヒョク代表に誘われたことがきっかけで一緒に仕事をするようになったそうで、今ではパフォーマンスディレクターとしてBTSのパフォーマンスに欠かせない人物となっています。

ジョングクはダンサーになろうとしていた

出典:https://ameblo.jp/keitadj

留学先のダンス学院では有名な振付師からパワフルなスタイル、女性ダンサーが踊るスタイル、アーバンスタイル(リズムを感じて踊るスタイル)など多くのことを学んだそうです。

留学を終えて帰ってきたジョングクは見違えるようにダンスが上手くなり、メンバーもかなり驚いたんだとか。たった1ヵ月の短期留学でしたが、効果は抜群だったようです。

この時期はちょうどジョングクが高校1年生になる年でしたが、ダンス留学の為に高校入学を1年遅らせてソウル公演芸術高校に入学しています。

関連記事BTSジョングク1年遅れで高校卒業した理由!実は怒りっぽい性格だって本当?

ジョングクは韓国に帰ってくるや否や、「とても良かった。また行きたいです」とメンバー達に言ったそうで、この留学によってダンスに目覚めたジョングクはアイドルではなくダンスの道を目指そうとしたのをジミンが説得して引き留めたこともあるんだそう。

ジミン曰く「ジョングクは最初からダンスが上手だったわけではない」らしいですが、短期間で飛躍的にダンススキルが上昇したことを考えると元々ダンスの才能があったと考えるほうが自然ですよね。

後輩グループTXTもダンス学院へ

出典:https://www.facebook.com/
上:ジョングク、下:TXTメンバー

2019年にはジョングクがダンス留学でトレーニングを受けたスタジオにBTSの後輩グループ「TXT」のメンバー達も訪れたそうです。

これはジョングクのように留学という目的で行われたものではないようですが、今後BigHitからデビューするアイドル達の通過儀礼として受け継がれていくかもしれませんね。

まとめ

  • ジョングクがダンスを始めたのは中学生辺り?
  • 「感情がこもってない」と言われてダンス留学へ
  • BTSの振付にも関わってるソン・ソンドゥク氏も同行

BTSの中でも特にダンスが上手いメンバーとして知られているジョングク。

これだけダンスが上手いなんて一体いつからダンスを習っていたんだろう?と気になるとことですが、何歳から始めたかというのは本人からは語られていないようです。

デビュー前は「ダンスに感情がこもっていない、何も感じない」と言われ、1ヵ月間アメリカにダンス留学していたこともあり、その結果短期間で飛躍的にダンススキルがアップしたようです。

今のジョングクがあるのもこのダンス留学で学んだ経験のおかげなのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました