まふまふ倒れた原因『心原性による失神』って何?痩せすぎ・働きすぎをファンが心配

芸能

人気歌手のまふまふさんが2月16日(日)正午ごろ、自宅のリビングで倒れている所を打ち合わせのためにまふまふさんの自宅を訪れたスタッフによって発見されました。

スタッフによって公開された文章によると、まふまふさんは2月16日(日)のお昼ごろに自宅のリビングで倒れているのを発見されたとのこと。発見したスタッフはまふまふさんと仕事の打ち合わせをするために自宅を訪れています。

その後まふまふさんは病院で診察を受けた結果、『心原性による失神』という診断を受けたようですが、現在容態は安定しているとのこと。

今後は精密検査を受けて問題が無ければ数日間の休養を経て活動を再開する予定だそうです。現在発表されているイベント・企画については予定通り実施するそうですが、まふまふさんが倒れた原因や仕事のしずぎを心配するファンも多くいます。

『心原性による失神』とは

まふまふさんが自宅リビングで倒れていた原因として『心原性による失神』が公表されています。「たかが失神」と思っている人も多くいるかもしれませんが、インターネットで調べてみると結構恐ろしいものだという事が分かります。

心臓が原因で失神をおこすもの

まふまふさんの診断結果の『心原性による失神』とはその名の通り心臓が原因で失神をおこすもの。心臓の鼓動が遅すぎたり、または早すぎたりすること不整脈によって起こる失神です。心臓や心臓の血管が病気の原因となり、ひどい場合は横になっていても発症するそうです。

治療を怠ると突然死に至ることもあるため、「たかが失神」と考えるのはちょっと危険かもしれません。

そもそも失神は、

  • 起立性低血圧による失神
  • 反射性(神経調節性)失神
  • 心原性(心血管性)失神

という三つの部類がありますが、失神が起きる時には「急激に生じて、持続性が短く、完全に回復する』ため、診断が困難なんだそう。たとえ病院に行って検査を受けても、その時には完全に回復してしまっているため、原因不明とされる症例は20%~40%にも及ぶそうです。

今回まふまふさんの失神の原因は心臓であると分かっただけでも幸いですが、原因となる心臓の病気によってはもしかしたら今後の活動に影響が出るかも。

まふまふの不摂生な生活を以前からファンは心配している

一人暮らしに加えて、自宅での不規則な生活や食生活を心配するファンは以前からいるようです。

食事は生命維持の基本とも言われる大切なものですが、忙しさ故に栄養バランスが悪い軽い食事で済ませてしまったり、またはあまり食べていないなどといった様子が度々SNSなどで目撃され、「もっとちゃんと栄養とってください!」という心配の声も多くあります。

まふまふは以前も倒れたことがある

2019年11月4日にまふまふさんのTwitterに投稿されたこちらのツイートを見てみると、以前にも倒れたことがあるようです。

「最近やたら眠かった」「身体がおかしかった」などが原因で仕事を途中でキャンセルし、その後、ベッドまでたどり着けず床の上で倒れてしまっていたようです。どのくらいの間倒れていたのかは分かりませんが、11月であればもう寒くなってきているはずですし、意識が戻らず誰にも発見されない状況だったらと考えると恐ろしくなります。

また、実際にまふまふさんを見たファンからは「病的な白さ」「病的な痩せ方」などといった声も。本人は以前ダイエットをして54kg台に突入した!と喜んでいましたが、ちょっと痩せすぎなような…?まふまふさんの身長は178cmですから少なくとも60kg以上はあって欲しいところですよね。

今後予定されているイベントなどは今の所休む予定はないようですが、大丈夫なのでしょうか。少なくとも、今回発表された『心原性による失神』は失神が起きた場合一刻も早く病院に行かなくてはいけない場合も多いと思いますので、誰かが側についていていてあげて欲しいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました