イオン『マスク禁止』はパワハラになる?ダメな職場はこんなに多い!

暮らし

イオングループが『接客時のマスク着用を原則禁止』としたことが判明。誰にとってもメリットがないように見えるこの意味不明なお約束に現場からは不信の声が上がっています。風邪やインフルエンザが流行するこの時期になぜイオンは『マスク禁止令』を出したのか?予防もさせてもらえないのにマスク以外の方法で自分の身を守れというイオンの主張はパワハラにはならないのか?という疑問の答えを探ってみました。

そしてネットには「マスク禁止はイオンだけじゃない!」という声も沢山あがっているので、他にはどんな職場でマスク着用禁止があるのかも調べてみました。

イオンが接客時のマスク着用を禁止する理由

今回イオングループがマスク着用を禁止した理由は『お客様との円滑なコミュニケーションの妨げになるから』というもの。もっと詳しく言うと、

  • マスクを着用すると顔の半分が隠れるじゃん
  • お客さんに表情が伝わりにくいじゃん
  • 声も聞こえにくくなるじゃん
  • しかも体調不良だと思われるじゃん
  • 具合悪そうな従業員に接客されたらお客さんが不安がるじゃん
  • あ、でも風邪ひいたらマスク着用を認めるよ

という感じになっています。お客様にはいつも笑顔で明るい声で接客しましょうというのはどこの接客業でも基本になっていると思います。その基本である『笑顔』と『声』がマスクを着用することで顔の半分が隠れてしまいお客様に伝わりにくくなる為、健康ならマスクはするなということのようなので、予防の為にマスクをしていた人はこれからは着用出来ないということになりますね。

例外としてマスク着用が認められるのは、

  • 食品売り場で接客する従業員
  • 既に風邪などの病気にかかっている従業員
  • 花粉症に悩んでいる場合

として、マスク着用は上司の許可が得られれば問題ないそうです。

マスク着用禁止はパワハラに該当する場合も

この季節はマスクを着用してお仕事をしている方も多いと思いますが、全員が全員『他人に移さない為に』マスクを着用しているわけではありませんよね。私のように仕事中は年中マスクをしてないと落ち着かないという人は少数かもしれませんが、風邪やインフルエンザが流行する時期になると『予防のためにマスクを着用する』という人は多いと思うのです。

しかし、予防の為のマスク着用もダメだということで、現場では「パワハラになるのではないか」という声が続出しています。

誰が考えても風邪やインフルエンザにかかりやすい時期なのに予防も出来ないなんてパワハラじゃない?と思う方も多いと思います。どちらかというと労働基準法の安全衛生配慮義務(社員が安全で健康に働く事が出来るように配慮しなければならないという会社の義務)の違反に該当する確率の方が高いと思いますが、場合によってはパワハラに該当する場合もあるのかなと思います。

パワハラには大きく分けて6つの種類があります。

  • 身体的な攻撃
  • 精神的な攻撃
  • 人間関係からの切り離し
  • 過大な要求
  • 過少な要求
  • 個の侵害

殴る・蹴るなどの身体的な攻撃や馬鹿にしたり皮肉を言ったりして精神的に攻撃するなどが一般的にパワハラに該当しますが、体調が悪い従業員を休ませず無理やり出勤させるというものパワハラになるようです。マスク着用を禁止したことが直接パワハラになるというよりは、それによって体調が悪化したのに上司が頑なに休みを認めなかったという場合はパワハラになる可能性もあるみたいですね。

よく聞くのが「え?風邪ひいたから休みたい?困るよ~今人足りないから来てもらわないと。」っていうやつですね。今は人手不足でギリギリの人数でなんとか営業しているお店も多いと思うので、むしろマスク着用を禁止にすることで体調が悪くなってしまう従業員が増えてしまうと思うのですが…。

イオンだけじゃない!マスク着用禁止の職場

マスク着用禁止という職場は実は以前から結構多くあったようです。少し調べただけでも薬局・某家電量販店・百貨店・耳鼻科医院(!)・ロフト・結婚式場・コンビニ・ドラッグストア・美容室などが出てきました。同じ職種でもお店によってはマスクOKの職場もあるようです。中には学生バイトだけは学校があるからマスクOK、男性のみマスク禁止という無茶苦茶な職場も。

100人中99人が「マスクしてても気にしないよ!」って言ってもたった1人が「マスクされると不快」とクレームを入れるだけでお客さん全体の意見になってしまうのが現状です。がマスク禁止になってしまいますよね…。せめて冬場はマスクOKにして欲しいものです…。

タイトルとURLをコピーしました