峯岸みなみをインチキ除霊したのは誰?中学から続く悩みって何なの?

芸能

AKB48の1期生としてデビューしてから14年。峯岸みなみさんが11月15日(金)に放送された「快傑えみちゃんねる」で、とある悩みを打ち明けました。

それは『自分自身の立ち位置』。一緒に活動したメンバーが次々に卒業…結婚…出産…。かつての仲間たちが次々に新しい人生を歩み始めている中、峯岸さんは一度もセンターを経験したことが無く、最近は後輩メンバーにおされて選抜メンバーからも外されがち…。

他のメンバーのファンからは「まだいるの…?」という空気を感じたり、握手会でも自分の列にはあまりファンが並んでくれなかったりと、聞いてるこっちのメンタルがえぐられてしまいそうな悩みエピソードも飛び出しました。

峯岸みなみは中学校時代から切ない悩みを抱えていた

自分が隅に追いやられているような現在の状況を「ほとんど中学生と同じステージに立っている」と語る峯岸さん。彼女の中学生時代はどのような感じだったのでしょうか?

峯岸さんは実家から程よい距離にある板橋区高島第三中学で3年間を過ごします。中学2年生の時にAKB48としての活動を始めたそうですが、峯岸さんの通う中学校は芸能活動をしている生徒が珍しかったため、先輩や同級生に「これでアイドル?超ウケるw」とからかわれてしまったんだそう。

深く傷ついた峯岸さんは中学を休みがちになり一時は不登校にもなりかけたようなのですが、おばあちゃんの「何かあったら、おばあちゃんが助けてあげるから大丈夫」という言葉のおかげでまた学校に行くことが出来るようになったそうです。

AKB48として活動している時も、最初は前田敦子さんのバックダンサーとしてステージに立ったり、マイクを持たせてもらえず後列で踊っていたりとなかなか前に出る機会がなく、ファンに「もっと良いポジションをもらえるといいのにね…」とよく同情されていたようですね。

その後峯岸さんがセンターになる機会が巡ってきた時、ファンもきっと喜んでくれるだろうと思っていたのに「なんで峯岸がセンター?」「がっかりした」など心無い言葉をかけられ心がズタズタになるほど傷ついてしまったといいます。元々峯岸さんは目立つのが好きな性格だそうですがなかなか前に出る機会が与えられず、やっとチャンスが巡ってきたと思ったらファンの反応はイマイチ…これはかなりキツイ。

中学生の時からこんな感じで現在もまた後輩メンバーにおされ気味だという峯岸さんは、かなり長い間『これからどうしていけば良いんだろう…』と悩みが尽きなかったのですね。

悩み過ぎて『除霊し放題2万円』に引っかかる

こうしたアイドルとしての悩みが積もり積もって、峯岸さんは占いに行ったそうです。何でもいいからアドバイスが欲しい、と藁にも縋る思いだったのでしょう。そこで占い師に言われた一言は『男性の霊があなたの邪魔をしている』という衝撃の一言。

この言葉に驚いた峯岸さんはその後除霊に行ったそうなんですが、なんとそこは『何体憑いてても2万円で除霊し放題!』という胡散臭い雰囲気全開の場所。ちょっと冷静に考えたら怪しいって分かりそうな気もするのですが、悩み多き峯岸さんはそんなこと考える余裕も無かったのかもしれませんね。除霊し放題って…バイキングじゃないんだから(笑)

しかもその後霊媒師は「あなたは男性の霊ですか?」と問いかけ、峯岸さんの頭を手で持って頷かせ、「毎月一回お守りを送るから」という理由で12,000円の追加料金も取られたというから驚きです。

峯岸みなみに除霊をしたのは誰?

ここで最も気になるのは『峯岸さんに除霊し放題2万円!』と言い放ち、かつ峯岸さんの頭を掴んで半強制的に頷かせるというどう考えてもインチキ臭がプンプンする霊媒師は誰なのか?ということですよね。

毎月一回お守りを送ってくるサービス(?)もやっているという情報を元にネットで色々と調べてみましたが、定額制の除霊システムを扱っているところは見つけられませんでした。まぁ。聞いた事無いよね定額制の除霊なんて。ネットで大々的に宣伝出来るような正当な商売方法じゃないからか、もしくは宣伝等は行わない方針なのかは分かりません。

ちなみに霊能者の方に除霊してもらう場合の相場は大体5,000円くらいからが妥当なんだそうです。出張料などがかかると数万円する場合もあるそうですが、何体憑いてても取り放題2万円!というスタンスでやっている人はなかなか聞きませんよね。

人は冷静な判断力を失うとありえないような話にも引っかかってしまうのかもしれませんが、今回の除霊し放題は流石にちょっとあからさまに怪しすぎますよね。あなたも怪しい話には引っかからないように十分気を付けてくださいね。それでは以上、峯岸みなみさんの中学校時代のエピソードと除霊についてのまとめでした!

タイトルとURLをコピーしました