MIYAVI移籍でジャニーズとのコラボ・共演NG?LDHに移籍の理由はなぜ?

芸能

アーティスト/ギタリストのMIYAVIさんがLDH JAPANに移籍することが12月18日に発表されました。『サムライギタリスト』の名を持つMIYAVIさんは2009年に独立し、個人事務所J-glamの代表取締役を務めていましたが、突然の移籍発表は多くのファンを驚かせたようです。

MIYAVIさんがLDHに移籍することを決めた理由は『LDHの会長HIROさんのダンスカルチャーへの向き合い方に感銘を受けたから』。独立して10年経つMIYAVIさんにはやはり一人では苦しい時期もあったようで、仲間の輪を大切にするLDHファミリーの仲間愛が移籍を決断する決め手にもなったようですね。

MIYAVIさんのLDHへの移籍によってEXILE TRIBEメンバーとのセッションや楽曲制作のコラボなどもこれから増えてくると思うので、ファンとしては嬉しい限りですよね。しかし一方では「もうジャニーズとコラボしてくれないの…?」という心配の声も上がっています。

2018年12月9日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」のジャムセッションでは関ジャニ∞のメンバーとMIYAVIらでhideのピンクスパイダーを演奏したり、2019年11月27日放送の「ベストアーティスト2019」ではKAT-TUNメンバーとのコラボも実現していました。

ジャニーズとギタリストMIYAVIのコラボという珍しい組み合わせということもあってファンからは「もっと他の曲も見たい!」と大変好評でしたね。

しかし今後はジャニーズとの共演も絶望的になるのではと言われています。もしもMIYAVIとまたなんらかの番組でコラボしたい時はLDHを通してMIYAVIにオファーしなくてはならないから、事務所の壁が邪魔になるのではないかというのが理由のようです。

LDHとジャニーズは共演NGなのではないか?という噂もあるようですが、実はそんなことはないんだそうです。過去に歌番組やドラマなどで双方が共演していたこともあったようですね。

しかしお互いにライバル関係のような立ち位置にある事務所ですし、「ジャニーズと共演するよりこれからは自社アーティストとのコラボを重視しよう!」という働きかけは多少なりともあると思いますから、今後ジャニーズタレントとMIYAVIさんのコラボは減少することは十分あり得ると思います。

今後のMIYAVIさんの新たな活動にも期待していきたいところですね。

タイトルとURLをコピーしました