TWICEモモ昔のプリクラが別人!日本語が下手で忘れるのは嘘?

TWICE

TWICEは韓国人・日本人・台湾人のメンバーが混在する多国籍グループです。賞を受賞した際にはそれぞれの母国語を使って3ヶ国語でスピーチしたり、日本で活動する際には日本人メンバーが他のメンバー達の助っ人になったりと、とてもグローバルでマルチな活動が出来るのが強みですよね。

日本人メンバーのモモは過去に「日本語忘れた」と発言したり日本の事を「海外」と言ってバッシングを受けたことがあります。韓国での生活が長くて咄嗟に言葉が出てこない時はあるにしろ、母国語である日本語を忘れるということはあり得るんでしょうか?忘れるというより元々日本語がちょっと下手だという話もありますが本当のところはどうなんでしょう?気になりますね。

今回はモモの昔のプリクラとTWICEがデビューしてから撮ったプリクラも沢山紹介していきます。別人レベルで顔が違うと言われる昔のプリクラのモモはどんな顔をしているのでしょうか?早速見ていきましょう。

TWICEモモの昔のプリクラが別人レベル

TWICEのダンスマシーンことモモは、日本に居た頃に撮ったプリクラが別人だと言われることがあるようです。モモは大阪府大阪市にあるダンススタジオ『STEPOUT DANCE STUDIO』でお姉さんである『HANAさん』と共に幼い頃からダンスを学んでいました。

関連記事:TWICEモモと実姉の身長差にほっこり!顔が似てないのはなぜ?
関連記事:モモのダンス歴がヤバイ!TWICEファンも虜になるその実力とは

モモのお姉さんの詳しい情報と、モモがTWICEになるまでのダンス歴や昔モモが通っていたダンススタジオの情報は上の関連記事で詳しく紹介しています。ではここからは早速モモの昔のプリクラを見ていきましょう。韓国で練習生になる前のモモはどんな感じの子だったんでしょうか?

こちらが昔のモモのプリクラです。画像タップで拡大出来ます。分厚い前髪ぱっつんのロングヘアがモモです。周りの子たちより背が高くて、顔つきもなんだか大人っぽくて綺麗ですよね。プリクラのデカ目効果があるので多少は実際の顔と違うとしてもかなり可愛い顔をしています。でも別人過ぎてTWICEのモモだと言われなければ分からないかも。

プリクラに書いてある文字を見ると、モモは学生時代からK-POPが大好きだったようです。東方神起のチャンミンやSHINeeのミノのファンだったようですね。ちなみに『Barbie』という文字はモモが昔入っていたダンスグループの名前です。このグループにはモモのお姉さんも居て、モモが中学三年生の時に韓国のオーディション番組「スーパースターK season3」の日本代表にも選ばれた経験があります。

TWICEになってからのモモのプリクラ

大人になったモモのプリクラも見ておきましょう。こちらはTWICEのメンバーと一緒に撮ったモモのプリクラ達です。こちらも画像タップで拡大可能です。ちょっと誰だか分からないくらい目が大きくなっちゃってるメンバーもいますが、やっぱりみんな可愛いですね!昔は「ダンスやってますオーラ」がすごかったモモも、すっかりアイドル顔になっています。

それにしてもなんだか目が昔と全然違うような?モモの目に関する噂は下の関連記事で紹介していますので是非見てみてくださいね。

関連記事:TWICEモモの目が変わった!二重整形と目頭切開の真相とは?

京都や札幌で撮ったというこれらのプリクラには「お人形さんみたいに可愛い!」「私もモモ達と一緒にプリクラを撮りたい!」という声が上がっていました。人気アイドルグループのメンバーである彼女たちが日本で普通にプリクラを撮ってくれているのはなんだか嬉しいですね!

モモの日本語が下手だったり忘れるのは嘘なのか

モモは私達と同じ日本人という事で何かと注目を浴びることが多い中、韓国での生活が長いためか時々日本語を忘れてしまったり、単語がなかなか出てこなくてカミカミになってしまうこともあるようです。そんなモモの姿に「可愛い~」「海外生活長いと忘れちゃうこともあるよね」という意見がある一方で「母国語忘れるのは流石に嘘」「そもそも日本語が下手」という厳しい意見も。

モモの日本語が下手だと言われる理由

モモは日本人なのに「日本語難しい…」と言ってファンをビックリさせたり、「私は日本語より韓国語の方が上手です」と言って韓国の芸能人にポカーンとされたり、謎な発言をちょいちょいしてしまうんですよね。ですが韓国に住んで何年も経過しているわりにモモの韓国語の発音はカタコトだといわれることもあり、それに加えて日本語もカタコトな為「モモって0ヶ国語だよね」なんて言われてしまう事も…。

こちらの動画ではモモが韓国語と日本語で話をしつつ、番組で日本語を話したら「フゥー!」と歓声が上がったことがあるという話をしています。日本人だから日本語が出来るのは当たり前なのに、モモ=日本語が怪しいというイメージがもう出来上がっているせいか、上手に話せるとファンは盛り上がるようです(笑)確かにこの動画の中で日本語を話している時は言葉を繋げるのに時間がかかっているようですね。

最近だと2019年12月4日に話したモモの日本語スピーチが話題になりましたね。受賞者のコメントシーンでモモはまたしてもカミカミの日本語を披露!やっぱり急に日本語で話そうとすると、なかなか日本語が出てこないようです。その後「今度は噛まないように」とリベンジするも、また直ぐに噛んでしまっていますね(笑)

終演後にはインスタグラムに自身のセルフショットと共に「重要な瞬間にカミカミになってしまってごめんね」とコメントを添えて投稿していました。

本当は日本語を忘れるフリをしている?

モモのカタコトの日本語が叩かれるもう一つの原因は、忘れるフリをしているだけで本当は普通に日本語を話せるんじゃないか?という疑惑があるから。多少言葉が出てこないことはあるにしろ、母国語をこんなに忘れるのは流石に嘘だと言われてしまっているようです。ではここで、モモが普通に日本語を話しているシーンを見てみましょう。

こちらはVLIVEでサナとモモが日本語で話しているシーンです。二人とも関西出身なのでバリバリの関西弁が飛び交っていますね。特につまづいたりすることなくスラスラと日本語を話せているようです。この動画のように他の日本人メンバーと話している時のモモは、特に言葉に詰まることもなく普通に日本語を話していることが多いように感じます。

モモのカタコトの日本語を聞いたネットユーザーからは「わざとらしい」「ぶりっ子してるように見える」「VLIVEでは普通に日本語話せるのに」「韓国に媚びる為に日本語を忘れる演出をしてる」という意見も。まぁ確かに韓国人じゃないメンバーがいる多国籍グループって最近多いですし、母国語がカタコトな人って見ないかも。

こちらはTWICEのリーダージヒョが日本語を話しているシーンです。日本人メンバーに教えてもらいながら熱心に日本語の勉強をしているおかげで、すごく流暢な日本語を話せるようになりましたね!このジヒョの日本語はモモが日本語を話すより上手だとネタにされてしまうこともあるようですね(笑)

モモは確かにちょっとカミカミになってしまうこともあるけど、長い海外生活で韓国語に慣れてしまった部分もあると思うのでちょっとは大目に見てあげましょう!

まとめ

  • モモの昔のプリクラは別人レベル
  • デビュー後は更に可愛くなった!
  • モモは日本人なのに日本語がカタコト?
  • 韓国生活が長すぎて日本語を忘れることも

さて、ここまでモモの昔のプリクラとデビュー後のプリクラを見てきましたが、どうでしたか?昔のプリクラもモモの面影があるけどやっぱりデビュー後は別人レベルに可愛くなりましたよね。

また、時折ツッコミが入るモモの日本語については、韓国での生活が長いため急に日本語を話そうとしても思ったように言葉にできないなんて事もしばしばあるみたいですね。頭の中で一度文章を組み立ててから喋る際に「ん?なんだっけ?」となることが多いみたいですが、日本語がぱっと出てこない時があるほど韓国語を習得出来ているという証でもあるので、温かく見守ってあげましょう!

タイトルとURLをコピーしました