除夜の鐘にクレーム入れるのは誰でどんな人?外国人とは限らない日本の珍クレーマー達

暮らし

大晦日の伝統行事である除夜の鐘がうるさいとクレームが入ったことにより、札幌にある大覚寺が除夜の鐘を鳴らすことを中止したというニュースが話題になりました。

「日本の文化でもある除夜の鐘が中止?一体誰がそんなバカげたことを言うんだ」というネットユーザーの意見も多い中、除夜の鐘の中止または何らかの事情で時間帯をずらすなどの対策を取らざるを得ない状況になっている寺院は全国的に増えています。

住民からのクレームで除夜の鐘を中止した大覚寺

今回話題になった札幌の『大覚寺』という寺院。1907年(明治40年)に建てられたという歴史ある寺院が除夜の鐘の中止に踏み切った理由は数年前から匿名の苦情が三十件程届いていたことだと言います。「辞めないで欲しい」という継続を望む声も同じくらいあったそうですが、それでもやむを得ないとのこと。毎日朝6時に突いていた鐘も今春で辞めているそうです。

三十人から苦情が来たのではなく三十件の苦情というところも引っかかるポイントですよね。詳しい事情は寺院側にしか分かりませんが、実際にはほんの数人しかクレームを出している人がいなかったのかもしれません。どこの誰かも分からない匿名のクレームが数年続いたことによって、寺院も疲れてしまったのかもしれません。

日本人のほとんどが「除夜の鐘をうるさいと感じたことはない」という意見を持っていると思いますが、なぜ少数のクレームに従わなくてはいけないのでしょうか?今回のようなケースはどちらかというと「仕方ない部分」も多いのではないかと思います。仕方ないというのは寺院から見た仕方ないという意味です。

「何言ってんだこいつ?」と思うようなクレームでも年々その声が大きくなってくる部分、周りの建物や世代など時代と共に変化してくる部分、夜中にやるのが寺院的にも厳しくなってきている部分など「やむを得ない理由」が複数あったのではないかと思います。札幌の『大覚寺』も数年前からクレームは来ていたそうですが、今年はもうやむを得ない状況になってしまったのだと思います。

クレームを入れるのはどんな人?外国人が多い?

出典:pbs.twimg.com

一年で一日、それもたっ数時間程度のことなのに、なぜそんなにも目くじら立てて苦情を入れなくてはならないのか?一体誰がこんなクレームを入れているのか気になるところです。

正月だからって全員が年越しの瞬間をワクワクしながら待っているわけでもないし、日本の文化と言えども個人の価値観や解釈の違いが存在します。一部のネットユーザーは、外国人が日本の文化にイチャモンつけてるだけだと思っている人も居るようですが、ほとんどが日本人なのではないかと思います。

個人的には、

  • 夜中にゆっくり寝たい人
  • 寺院の近くに引っ越してきて除夜の鐘の音に驚いた人
  • 除夜の鐘に馴染みのない人
  • 年末年始に休みが取れなくてイライラしてる人
  • 深夜~早朝勤務で睡眠妨害されたくない人
  • 除夜の鐘恐怖症の人
  • 除夜の鐘以外にも些細な苦情を言いがちな人
  • 家庭に乳児がいる人
  • 一回起きたら寝付けないタイプの高齢者の人
  • 根っからのクレーマー
  • マウンティング癖のある人

偏見もあるかもしれませんが、こんな感じの人が当てはまるんじゃないかなと思いました。「小さい子供をやっと寝かしつけたのに除夜の鐘の音で起きちゃったじゃない!」「俺は元旦も仕事なんだよ!寝坊したらどうしてくれるんだ!」なんてクレームがあったりするのかも…?

「除夜の鐘恐怖症」はネタのつもりで書いてみましたが実際に居るみたいです、響く音が怖いっていう人が。こういう方はコンビニのチャイム、学校のチャイムなんかも怖いらしいです。

どちらにせよ、年に一回のことですからもう少し柔軟に考えても良いのではないかとも思いますよね。寺院って古くから存在しているところが多いと思うので、引っ越す前に近くになにか気になるものがないかリサーチした方が良いのは明らかなので。

他にもある!珍クレームの数々

除夜の鐘に限らず最近は色んなものにクレームをつける人が増えているようです。

  • 幼稚園・保育園の子供の声がうるさい
  • 運動会当日の朝になる花火がうるさい
  • 運動会で使うピストルの音がうるさい
  • ラジオ体操の音がうるさい
  • 盆踊りの音がうるさい
  • 花火の音がうるさい
  • 当たると危険だから豆まきやるな
  • うるさいから公園で子供遊ばせるな
  • 人の手が触れて集団食中毒の危険があるから餅つきやるな
  • 盗撮されるから男児にもスク水着用させろ

これは仕方ないだろ、というものから人によっては確かにこれはちょっと嫌かも…というものまで色んな珍クレームがありますね。ほとんどが昔から存在しているものばかりですが、最近は自分以外の人やモノが発する音に過剰反応する人が多いのかもしれません。

筆者の地域でも運動会当日の花火が中止になり、ピストルの音は本物ではなくスピーカーから電子音を流し、盆踊りでは太鼓なし、ラジオ体操はボリュームを小さくしてほぼ無音…など「音」に関するものはどんどんクレームによってなくなりつつあります。

近い将来「花火大会禁止」「野外ライブ禁止」「選挙活動禁止」「工事禁止」なんてことにならないことを祈ります。

タイトルとURLをコピーしました