二宮和也ラジオで結婚『させていただいた』報告にファン困惑?正しい言い回しは何?

芸能

嵐の二宮和也さんが12/1にラジオ番組『BAY STORM(ベイスト)』内にて改めてファンに向けて結婚報告をしました。

二宮さんは先月11/13に元フリーアナウンサーの一般女性との結婚を発表していましたが、ネットユーザーからは「なぜ今このタイミングなのか」と二宮さんの結婚のタイミングに疑問を抱く意見も出ていました。本人から直接結婚の報告を聞く事が出来ないまま半月ほど経ち、今回ようやく本人から正式なコメントが発表されたのです。

「二宮から1つ、ご報告という事で…」と切り出された結婚の話。「なかなか自分の口から皆さんに伝えることが出来なくて申し訳なかった」という気持ちと、「急な発表で沢山の方を驚かせてしまったかもしれないが、これからも二宮和也として活動を続けていきたいと思っています」と今後の活動に向けた意気込みを語っていました。

やっと本人の口から結婚報告が聞けたということでどこかホッとしたファンも多いかもしれませんね。しかし二宮さんのある『言い回し』に疑問を持ったファンもいたようです。

指摘が多かった箇所は「私この度ですね、結婚をさせていただきました!」の部分。結婚だけに限らず「〇〇させていただきました」という言い回しをしている場面ってネット上でもリアルでも非常に多い気がするのですが、いちいち『させていただきました』と言わずに普通に『しました』だけで良いじゃんという意見も。

二宮さんは丁寧にコメントする為『させていただきました』を使ったんだと思いますが、なんかへりくだった言い方で変だな…と感じてしまった人もいたようですね。『させていただく』本来の意味は、

  • 相手や第三者の許可を受けて行う場合
  • それをすることで自分が恩恵を受ける事実や気持ちがある場合

に使用するそうで、『させていただきました』には『おかげさまで』の意味が含まれています。正しい言い回しはシンプルに「結婚いたしました」だけでOK。

結婚発表から時間が経っていて、しかもコンサートのようなファンの反応が直接見えないラジオという一方的な伝え方で…など不満が残る人も居るかもしれませんが、本人の口からコメントがあって良かったのではないでしょうか?

勿論、二宮さんがコメントをしたからって全員が受け入れられる訳ではないのかなとは思いますが、何かしらの方法でこうして本人の言葉を聞けたという事は一種の「救い」になった人もいるのではないかな、と感じました。

タイトルとURLをコピーしました