メルカリペイディー詐欺被害にあったら?返金方法・対策方法を知って未然に防止!

暮らし

フリマアプリ『メルカリ』と後払い決済システム『Paidy』を使った詐欺被害が拡大しているとネット上で話題になっています。この記事では、メルカリとPaidyを使った詐欺の手口と、もしあなたがPaidy被害にあってしまった時の対処方法、被害にあわない為の予防方法を紹介していきます。

後払い決済システム『Paidy(ペイディー)』について

出典:https://paidy.com/

使った事が無い人にはあまり聞き馴染みのない『Paidy』とは一体どういったシステムなのでしょうか?

ペイディーの特徴
  • メールアドレスと携帯電話番号のみで簡単決済
  • 使った分は翌月1日~3日にまとめて請求
  • 請求が来た月の10日までにコンビニ・銀行で支払い

現金がなくても買い物が出来て使った分は翌月にまとめて支払いが出来るという一見どこにでもある後払いシステムのような感じがするPaidyですが、最近メルカリなどのフリマアプリを中心にこのペイディーを使った詐欺被害が拡大しているようです。

ペイディーはセキュリティ面も安心?

出典:https://paidy.com/payments/

ペイディーのホームページを見てみると、認証コードによる本人確認や365日24時間体制で決済を監視しているなど、セキュリティ面の安心をアピールしています。例えば第三者があなたの個人情報を使って勝手に商品を購入しようとしても、携帯番号宛に送信される4桁の認証コードを入力しなければ決済は完了しないという仕組みになってるようです。

こうした対策がされているのになぜメルカリでペイディーを使った詐欺が横行してしまっているのでしょうか?その答えはペイディーの『ちょっと変わったシステム』にありました。

メルカリのペイディー詐欺の手口

メルカリなどのフリマアプリを使ったペイディー詐欺の手口は以下の通り。

メルカリを使ったペイディー詐欺の手口
  • 詐欺師
    無在庫でメルカリに出品する
    • 実際に手元にない商品を出品している
    • 新品未開封の家電やゲーム機などを出品している事が多い
  • 購入者
    気になる商品を購入

  • 詐欺師
    ペイディーを使って通販サイトから購入者の住所宛に商品発送
    • 購入者の氏名、住所で通販サイトに注文をして商品を送る
    • 代金はペイディーの後払いシステムを利用
    • 所謂『無在庫転売』と同じ手口
    • 落札者はこの事に気がつかない
  • 購入者
    商品を受け取る
    • ビッグカメラなどの通販サイトから直接届く
    • 商品に間違いがなければ無事に商品が届いたと思ってそのまま受取連絡してしまう
    • 詐欺師に代金が支払われる
  • 購入者
    翌月ペイディーから支払い請求がくる
    • 既に商品代金は支払いしているのになぜ?
    • 知らぬ間にペイディー決済の発送先にされているので支払い義務が発生
  • 詐欺師
    ノーリスクで簡単にメルカリで稼ぐことができる
    • 事前に代金を受け取って逃げる

ペイディーでは銀行振替登録や銀行振込がない場合、決済に使われた商品の送付先(詐欺にあった人)に90日後にコンビニ振込の請求書が送られてきます。購入者からすると商品は無事に届いているし、メルカリで購入料金もしっかり払っているのにどうしてこっちに請求が?と思いますよね。

これこそがペイディーの仕組みを上手く利用した詐欺の手口なのです。ペイディーでは支払い請求を詐欺師がバックレた場合、商品配送先の受取人にその請求がくるようになっています。購入者からするとメルカリで商品を買っただけなのに、身に覚えのないペイディーに対してもう一回代金を払えなんてありえない話ですよね。

購入者が詐欺に気がつく時には一ヶ月以上時間が経っていますから、犯人はとっくの前にメルカリで売上金を受け取って逃亡、ペイディーからの支払い請求が来てもシカトしておけば勝手に購入者の方に行くしラッキーって感じなのです。

ペイディー詐欺の予防方法

さてペイディー詐欺の手口が分かったところで、詐欺にあわない為の予防方法を見ていきましょう。今までメルカリを利用したことがない人や、そういった詐欺にあったことはないという人もここで一度確認しておきましょう。

ペイディー詐欺にあわない為のポイント
  • 匿名配送以外は利用しない
  • 出品者の評価やプロフィールをよく見る
  • 新品の家電ばかり出している出品者に注意
  • 実物画像がないものは買わない
  • 怪しいなと思ったら受取評価をすぐにしない
  • 通販サイトから直接発送された商品はペイディー詐欺を疑う

まず、犯人はペイディーを使った詐欺を行う際にあなたの氏名と住所を入手する必要があります。実際には手元にない商品の配送先に指定するのと、ペイディーからの請求をバックレた時に購入者に支払い義務を負わせる為に。その為、メルカリ便などの匿名配送以外は利用しないようにしましょう。

発送方法「未定」にも注意!

自分の個人情報も隠せて送料も安く済む(家電などの重い・大きい荷物は特に)など出品者にとってもメリットが多いメルカリ便を利用しないのは購入者の個人情報を入手する為にあえてそうしている可能性が高いと言えます。それに、商品は直接通販サイトから配送されるため送料の安さは詐欺師にとっては関係ありません。

注意点として、出品時にメルカリ便以外の発送方法が設定されていた場合、購入後にメルカリ便に変更しても匿名発送にはなりません。特に厄介なのが発送方法が「未定」になっている場合です。この場合も先ほどと同様、商品購入後に出品者がメルカリ便に変更しても匿名にならないのであなたの個人情報は筒抜けになってしまいます。

また、出品アイテムの画像がサイトから拾ってきた画像だけしかなくて実物の画像がないもの(拾い画を使っている場合もある)、新品の家電ばかり出している出品者にも注意。それでも分からない場合は手元に商品が無いと調べられない質問をしてみてちゃんとした回答が返ってくるか確かめるのも手。

ペイディー詐欺にあってしまった時の対処方法

もしもあなたが既にメルカリなどを使ったペイディー詐欺にあってしまった場合の対処法を考えてみましょう。もしかしたら詐欺かも?という場合にも役立つかもしれません。

①依頼主を確認する

商品が無事に届いたからといってすぐに受取評価してしまうのはちょっと待ってください。まずは家電量販店などの通販サイトから直接届いた商品ではないか確認するために発送伝票の依頼主の欄を見ます。不在票があれば同様に依頼主の欄を確認します。

『(株)ヤマダ電機』などの通販サイトが依頼主になっていたり自分の名前が依頼主に書かれている場合は要注意です。

②メルカリ事務局へ通報

詐欺かもしれないと気がついたら受取評価をせずにメルカリ事務局へ通報します。受取評価をしてしまった後でもとにかく気付いた時点で通報しましょう。

メルカリ側からは出品者がペイディー払いで購入したのかまでは分からないと思いますが、購入した商品が通販サイトから届いたという事を伝えれば少なくとも『無在庫転売』にひっかかる可能性が大ですのでなんらかの対策をしてもらえるハズです。

③ペイディー事務局に報告する

ペイディーから身に覚えのない請求が着たらペイディー詐欺に巻き込まれている可能性がかなり高いので、ペイディーにも経緯を報告しておきます。ペイディーによると『購入者が支払いをバックレたら商品を受け取った人に支払い請求が行くことは間違いない』とのことですが、本来支払い義務のない代金を請求されるなんてたまったもんじゃありませんよね。

元はと言えばペイディーのセキュリティの甘さを利用した詐欺なので、間違って支払ってしまった時の返金処置や何らかの対応が全くないということはないのではないかと思います。これから更に被害が拡大していくと思われます。

ペイディーに犯人の情報はないのか

出典:https://paidy.com/payments/

そもそも詐欺師の犯人はペイディーに自分の情報を何ひとつ登録していないのでしょうか?万が一詐欺にあってしまっても、何か情報があればそこから犯人が割り出せそうな気がしますよね。商品購入者(被害者)の氏名や住所を配送先に使うのは理解できますが、最終的にはSMSによる認証がないとペイディー決済は承認されないようになっているはず。

ペイディーのホームページにある質問欄には『ペイディーへの会員登録は必要ですか。』という質問がありますが、会員登録は不要だという回答が。ちなみにマイページにログインするためにはメールアドレスと携帯電話番号が必要なようです。なんかややこしい。

購入者の名前を使ってペイディーに登録している事例

メルカリに関する質問をユーザー同士で解決する為に設けられているメルカリボックスという機能があります。そこに興味深い質問がありました。

出典:https://www.mercari.com/jp/box/

この質問者さんによると、

  • 自分の名前でペイディーに登録されていた
  • メルカリとペイディーで二重払いしなくてはならなくなった
  • その後、そうならないように処理をした

ということでした。ペイディーを利用するには他にメールアドレスと携帯電話番号が必要になりますが、そこはどうなっているのでしょうか?(参考ページ)

出典:出典:https://www.mercari.com/jp/box/

続きの回答では、携帯電話番号とメールアドレスは知らないもので登録されていたという事が書かれています。これでは自分の所に何もお知らせが来ないので、ログイン状況も分からないしSMSによる認証メッセージも届きませんよね。メールアドレスは捨てアドを用意すればなんとでもなるので、知らない電話番号だけが犯人の手がかりになるという事でしょうか。

この質問者さんがどういう経由でこれらの情報を知ることが出来たのかは書かれていませんが、恐らくペイディー側に問い合わせて教えてもらったのではないかと思います。かなり甘いセキュリティであることは間違いなさそうです。

まとめ

  • メルカリでペイディーを使った詐欺被害が拡大中
  • ペイディーの決済システムの弱点をついた手口
  • 予防方法はとにかく個人情報を明かさないこと
  • もし詐欺にあってしまったらとにかく通報

これからこういったペイディー詐欺の被害報告が続々出てきそうです。まずは商品を購入する前に怪しい所がないか、そして匿名発送になっているか確認し、購入後に怪しい点が判明した場合はすぐに報告・通報をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました