住んでる人しか知らない公営住宅のメリットとデメリットとは

暮らし

子供が大きくなって部屋が足りない!今の家賃が給料に見合っていないからもっと安い家賃の家に引っ越ししたい!など、人が引っ越しを考える理由は様々です。

一般的には民間の賃貸物件から希望に合った部屋を探すと思いますが、家賃が安い住宅として地方自治体が運営する公営住宅、所謂「団地」を視野に入れる方も居ますよね。

公営住宅は家賃の安さが大きなメリットですが、それなりのデメリットがあるのも事実です。

そしてそのデメリットは、住み始めた後に分かるものがほとんどです。

そこでこの記事では、公営住宅に10年以上住んだ経験がある私が、実際に住んでみて感じたメリット・デメリットをご紹介していきます。

「入居を検討しているけれど、実際の住み心地はどうなの?」「ご近所付き合いは大丈夫かしら?」といった疑問を解決するお手伝いが出来ればと思います。

私の公営住宅居住歴

まず先にこの記事を書いている私の公営住宅経験年数を話しておくと、自分自身が子供の頃、そして自分が子供を産んで親になった現在と2回公営住宅に住んでいる経験があります。

年数でいうと合計10年以上になりますが、自分が子供の頃と子を持つ親の立場になった今とでは、メリット・デメリットの見え方も全然違います。

子供の頃は単純に「友達が近くに居て嬉しいな」くらいにしか思っていませんでしたが、大人の立場になると「面倒だけどやらなければいけないこと」が追加されるので、メリットだらけだよ!とは正直言えないかもしれません。

ではなぜそう思うのか?というところを子供の時の経験と大人になった今の経験を踏まえてこれからお伝えしていくので、参考にしていただければ嬉しいです。

公営住宅のメリット

私が公営住宅に住んでいて感じたメリットは、

  • 家賃が圧倒的に安い
  • 貯金がしやすい
  • 近所に友達が居る

の3点です。

家賃が圧倒的に安い

メリットその1は、民間の賃貸物件と比べて家賃が圧倒的に安いという事。

公営住宅の家賃はランク制度があり、それによって家賃が決まります。どのランクになるかは各家庭の前年度の所得建物の築年数などを考慮して決まるので、同じ間取り・同じ階に住んでいたとしても支払う家賃は世帯によって違います。

前年と比べて大きく収入の増減があってランクにも変動があれば家賃も変わる事があります。

参考までに我が家は現在3LDKで16,000円という超激安な家賃で生活しています。

築年数が古い建物なのと母子家庭で世帯年収が高くないためこんな家賃になっているわけですが、これだけ安いとものすごく狭くてボロボロの家に住んでいるのかなと思われてしまうかもしれませんね。

ですがが全然そんなことはなくて、

  • お風呂・トイレは別
  • キッチンも別
  • 日当たり良好
  • 風通し良好
  • 収納も各部屋に十分あり

なので、物件としての不満はほとんど感じていません。むしろこんなに安い家賃で良いの?って感じです。この家賃の安さは公営住宅に住む最大のメリットだと私は思ってます。

民間の賃貸物件の家賃と比べてみると?

例えば私のように母子家庭世帯ではなく共働きの夫婦の家庭だった場合、当然世帯年収が多くなるので家賃も高くなりますが、それでも普通に賃貸物件を借りるよりは遥かに安く済むはずです。

我が家と同じ市内で同じ3LDKの間取りの賃貸物件を調べてみると、最低でも35,000円、最高で93,000円ほどかかるようです。(比較:SUUMO)

一方で公営住宅だと最低16,000円、最高でも31,400円で済みます(※あくまで私の住んでいる部屋のランクの場合)。

元々公営住宅は低所得者向けの住宅なので所得制限はありますが、基準を満たしていれば夫婦でも入居出来るので、家賃を安く抑えたい場合は引っ越しする際に選択肢に入れてみても良いかもしれませんね。

貯金がしやすい

先程の「家賃が安い」というメリットを生かして、貯金がしやすくなるというメリットもあります。

月にかかる出費の中で家賃の割合って結構大きいと思うんですが、ここを上手く節約できると結構大きな金額が浮きますよね。

例えば家賃6万円の家から3万円の家に引っ越せば、毎月3万円が浮きます。その浮いたお金を貯金に回せば、水道光熱費をちまちま数百円節約するよりも確実にお金が貯まっていきます。

高い家賃が家計を圧迫しているとなかなか貯金にまで手が回らないこともありますので、まずは固定費を見直すことで余裕も生まれてきます。

一時的に住むという選択

この後紹介するデメリットを読んでもらえるとわかると思いますが、公営住宅に住むことは決して良いことばかりとは言えません。

なのでデメリットを知った上で金銭的な余裕を得る為に「子育てにお金がかかる期間だけ」「仕事が軌道にのって給料が安定するまで」と、期間を決めて住むのも有効だと思います。

近所に友達が居る

3つめのメリットは子供目線でのメリットですが、近所に友達が居ることで一緒に遊びやすいというメリットがあります。

公営住宅は数棟まとまって建てられている所が多いと思うので、小学校や中学校の近くだと同じ学校のお友達が近くに住んでいることも多く、一緒に遊ぶ仲間が自然と出来上がってきます。

私も子供の頃は近くにお友達が何人か住んでいたので、学校が終わったらいつも公園に集まって遊んでいました。特に子供が低学年の内は学校の登下校も近所の子供同士で行けるので、親としても安心だと思います。

デメリット

さあ、ここからは実際に住んでみないと分からない公営住宅のデメリットをご紹介します。

デメリットといっても人によってはそうでもないな、という場合もあると思いますので、ご自身の今の状況と照らし合わせて1つ1つ見てみてくださいね。

ご近所付き合い

1つ目は、ご近所付き合いです。

公営住宅への入居を考えている人でご近所付き合いの大変さを心配する人は結構多いのですが、こればっかりは運によるところが大きいかもしれません。

内見の段階ではどんな住人が居て、どんなルールがあるのかまでは分からないので尚更心配ですよね。

基本的には挨拶をちゃんとして当番とか班長とかの役割を普通にこなしていれば、悪く言われる事はないと思うよ!

それでも民間の賃貸物件に比べると住人同士の距離感は近いと感じると思うので、「ご近所付き合いは一切したくない!誰とも関わりたくない!」という人には向かないかも。(私は正直結構キツイです…)

特に引っ越してきて間もない頃は「新しい人が来た!」と他の住民に興味を持たれている状態です。

あの人はいつも夜遅くに帰ってくるとか、家族構成はどうだとか、そういう「人の家の事情を探りたがる人」が居るのも事実。

私は乗っている車の大きさで勝手に給料を推測している人がいると知って引いたことがありましたね…。そこまで他人の家に興味持つか?!と。

町内会への加入が必須

2つ目は町内会への加入は避けられないということ。

私が住んでいる公営住宅は町内会への加入が必須条件であり、住宅周りの美化や維持は住民で行いましょうというルールです。

そのため数年に一回班長にならなければいけなかったり掃除当番が回ってきたりイベントがあったりして、これが結構負担になっていたりもします。

ちなみ私が現在住んでいる団地の町内会は、

  • 2か月に1度朝7時から草刈り(出席確認あり)
  • 春はみんなでお花見(強制ではない)
  • 玄関周りの掃除(当番制)
  • クレームは回覧板で回ってくる
  • ゴミ袋に部屋番号記入が必須
  • ゴミの分別を超徹底

など、他にもまぁ…色々と細かいルールが沢山あるのです。

朝7時からの草刈りは、毎月第2日曜日の朝7時からやっていて、建物の周りに生えた雑草を刈り取ったり、落ちているゴミを集めたりするものです。その当番が2ヵ月に一度回ってきます。

この「決まった日にちの決まった時間に、決まった班の人がこなさなくてはいけない当番がある」というルールは公営住宅ならではなのかなと思います。

私は今の団地に引っ越してきてお隣さんの部屋に挨拶しに行ったときに「掃除だけは参加した方がいい。参加しない人を悪く言う人がいるから」と言われたこともあって毎回必ず出るようにしています。

こういうルールに縛られるのがイヤで、引っ越してきてもすぐに出て行ってしまう人もチラホラいます。

kinaco
kinaco

出来れば私もやりたくない。

春のお花見は難易度MAX

春のお花見という超難易度の高いイベントが強制参加ではないのが唯一の救いかもしれません。

このお花見は住民同士の親睦を深める目的で毎年行っているらしいのですが、私は最低限のご近所付き合いで十分だと思っているので一度も参加したことありませんし、これからも参加しません。難易度が高すぎてパンクしてしまいます。

「守らなきゃいけないルールや与えられた当番はしっかりやるけど、必要ないと思ったことはきっちり断る!」が公営住宅で余計な人間関係に巻き込まれないようにするコツです。

リサーチ出来ることは徹底的に!

もし自分がこれから入居しようとしている団地に知り合いがいるなら絶対に、絶対に!どんな町内会のルールがあってどんなイベントがあるのかを確認しておくことをオススメします。

この細かなルールは団地によって全然違うので、ゆるーく運営している町内会に当たった方、おめでとうございます。あなたはかなりラッキーですよ!

ペットの飼育禁止

3つ目はペットを飼えないということ。犬や猫などの動物を飼うことは勿論、人から動物を預かることも禁止されています。

なぜ禁止されているのか?というと、

  • 鳴き声など騒音の問題
  • 糞尿などのニオイの問題
  • アレルギーの問題

があるからです。

「うちの子は大人しいから大丈夫じゃない?」なんて考えちゃうかもしれませんが、臭いや鳴き声で意外と分かっちゃうみたいですね。

でも実際、内緒でペットを飼ってる人はいます。私も子供の頃に捨て猫を拾ってきて飼っていたことがあります。

でもバレると大変!

実際にあった話で、お隣さんの猫ちゃんがベランダの隙間を潜り抜けて我が家に遊びに来たことがあります(笑)

私は猫好きなので嫌がるよりもむしろ喜んじゃいましたが、動物嫌いな人にペットを飼っていることがバレてしまったらクレームに繋がって最悪そこに住めなくなってしまう事も十分あり得ますので気を付けてくださいね。

築年数

4つ目は築年数です。

公営住宅も新しい建物から古い建物まで様々ですが、やはり築年数の古い団地の方がデメリットは多くなるかなと思います。我が家は昭和54年に建てられた築40年以上のかなり古い団地なので、経年劣化による不具合が結構あります。

部屋の住人が別の場所に引っ越して空き家になってから次の住人が入るまでの間に、役所の管理人さんを通して業者さんがリフォームを行うので、壁紙・床・天井などの目立つ汚れや破れなどは綺麗になります。

部屋全体をぱっと見ただけだと築40年も経っているとはとても思えないのですが、足で踏むと床の一部が軋む部分があったり、トイレのドアを閉めるのにちょっとしたコツが必要だったり。

こういう「細かい残念ポイント」は直さずにそのまま次の人が入居することが多々あるのです。柱の傷やちょっとした落書きなんかもそのままだったので、引っ越してきた当初はビックリしました。

以前住んでいたと思われる子供たちの背比べの線が柱に書かれていたり、押し入れの見えにくい所にシールが貼ってあったり…完全にホラーです。築年数が新しい所はきっとこんなことないんだろうな、と思いながら家賃の安さの恩恵を受けて住んでいます。

エレベーターが無い!

建物によってエレベーター付き・エレベーター無しの公営住宅がありますが、エレベーターが無い所は階段の上り下りがしんどいです。

私は今エレベーター無し4階建ての建物の4階の部屋に住んでいますが、まず引っ越しがものすごく大変でした。

今の家に引っ越す際に家電を全て買い替えたので、家電以外の荷物は引っ越し業者さんに頼まなくても自力で運べるだろう!と軽い気持ちで実行しましたがもう二度とやりません。

kinaco
kinaco

アラサーの体力低下を甘く見てはいけない…。

ゴミを捨てに行って帰ってくるだけで息切れしちゃうので、なるべく行きたくないのが本音です。

「○○階以上は有料」の壁

大型家電・大型家具を買う時に「エレベーター無しの建物で○○階以上への配送・設置は追加料金がかかります」って言われたことありませんか?

例えば、2階までは無料だけど3階から上は別途料金が加算されますよっていうアレです。

「せっかく安く買えたのに追加料金を入れたら結局高くなった」という事もエレベーターなしの建物だとあり得ます。これも人によってはデメリットになるかもしれないので、入居を検討している場所のエレベーターの有無も事前に調べましょう。

こんな人におすすめ

さて、ここまで公営住宅に関するメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

公営住宅は都道府県によって違うのは勿論、同じ市内・同じ町内であったとしても棟が1つ違うだけでかなり住み心地が変わるといったこともありますし、感じ方も人それぞれです。

それを踏まえた上で公営住宅への入居をおススメ出来る人は、

  • とにかく家賃を安く抑えたい人
  • ペットを飼ってない人
  • 当番やルールは仕方ないと思える人
  • 子供の友達が近所にいると安心な人
  • 多少作りが古くても気にしない人

などです。

確かに家賃は破格の安さになるかもしれませんが、ご近所さんとの距離感が近いことや町内会への加入が必須であるため、ご近所付き合いは一切したくないという方にはデメリットの方が目立ってしまうかもしれません。

もし今あなたが公営住宅への入居を検討しているなら、気になるところは入居前に徹底的にリサーチしましょう。

知っている人に聞いたり、実際に住んだ経験がある人の体験談をネットで調べて不安要素をなるべく潰しておくと「こんなはずじゃなかった…」という事態も回避しやすくなるかと思いますので、是非やってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました